ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)

著者 :
  • 宝島社
3.52
  • (130)
  • (335)
  • (400)
  • (73)
  • (15)
本棚登録 : 3065
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677394

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しまった。失敗した。
    スピンオフの短編3つの後は自伝?
    これはいらんわ。
    ここから先はまたいつか読むかも
    読まないかも。
    短編はまあ面白かったよ。

    こんな無理矢理な構成の文庫本なんで出したんかな?

  • やっぱり速水先生かっこよすぎ。

    後半は、のんびりと読ませていただきました。
    学会や厚生労働省に、ずばずば言えて素晴らしいと思います(特に学会)。
    今後も、ご活躍を期待しております!

  • 海堂ワールドを満喫しています。「ひかりの剣」では医学生だった速水もこの作品では外科医。「ジェネラルルージュの凱旋」の15年前、そして同作の他の視点からの物語、そして1年後、の3部作。それぞれの時期での、速水の変化が興味深かったです。それにも増して(?)作者による「海堂尊物語」。面白い!の一言に尽きます。それにしても、勤務医でありながら、執筆活動に講演などなど。作詞のすごさを垣間見ました。

  • 医療小説
    救命救急センター・速水医師の外伝が登場! 単行本に収録されたジェネラルの原点「ジェネラル・ルージュの伝説」に、新たに書き下ろした「疾風」と、その後の物語「残照」も収録! さらに、文庫用に大幅加筆したエッセイや、自作解説で、創作の秘密を惜しみなく明かします。

  • 良かった!

  • 時系列の再読に着手したが、『スリジエセンター1991』が文庫化されず、図書館へも行く余裕がないために素っ飛ばし、桜宮サーガを追ってみようと思う。ジェネラル速水の過去・現在・未来を描く中短編+著者による公式ガイドブックという内容で、今後の再読に参考となるだろう。

  • 短編3本。いつものような難しい単語や持論が少なかった分、読みやすく感じた。このぐらいのノリが楽かも。昔の話も、番外編的に読むとなかなか面白い。
    ただ後半のエッセイや解説等にはあまり興味が湧かず、飛ばしてしまった。基本的にフィクションしか読まないので、、。あとがきでチラッと裏話が聞ければ十分、という程度。

  • 速水先生結婚して。

  • 海堂ワールドのスーパースターである速水先生の短編が3本。「凱旋」の前日譚である「伝説」がいい。猫田主任がカッコいいんだなぁ。さらにエッセイの「海堂尊物語」には唸らされちゃう。うまい人が書くと自叙伝もこんなにオモシロくなる。爆笑してしまった。

  • 作品は面白いですが、作者とは仲良くなれそうにありません。

全239件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)のその他の作品

海堂尊の作品

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする