ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)

著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2010年6月4日発売)
3.52
  • (126)
  • (327)
  • (391)
  • (73)
  • (12)
  • 本棚登録 :2944
  • レビュー :232
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677394

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しまった。失敗した。
    スピンオフの短編3つの後は自伝?
    これはいらんわ。
    ここから先はまたいつか読むかも
    読まないかも。
    短編はまあ面白かったよ。

    こんな無理矢理な構成の文庫本なんで出したんかな?

  • 時系列の再読に着手したが、『スリジエセンター1991』が文庫化されず、図書館へも行く余裕がないために素っ飛ばし、桜宮サーガを追ってみようと思う。ジェネラル速水の過去・現在・未来を描く中短編+著者による公式ガイドブックという内容で、今後の再読に参考となるだろう。

  • 短編3本。いつものような難しい単語や持論が少なかった分、読みやすく感じた。このぐらいのノリが楽かも。昔の話も、番外編的に読むとなかなか面白い。
    ただ後半のエッセイや解説等にはあまり興味が湧かず、飛ばしてしまった。基本的にフィクションしか読まないので、、。あとがきでチラッと裏話が聞ければ十分、という程度。

  • 速水先生結婚して。

  • 海堂ワールドのスーパースターである速水先生の短編が3本。「凱旋」の前日譚である「伝説」がいい。猫田主任がカッコいいんだなぁ。さらにエッセイの「海堂尊物語」には唸らされちゃう。うまい人が書くと自叙伝もこんなにオモシロくなる。爆笑してしまった。

  • 作品は面白いですが、作者とは仲良くなれそうにありません。

  • 速水晃一の知られざる若かりし頃の物語。

    あの速水にこんな時代もあったんだ〜。
    そうそう、猫田主任もいたなー!
    などなど、懐かしい思いで読んだ。

    後半の海堂尊物語は、海堂節炸裂の痛快ストーリー。声出して笑ってしまった。
    多分二極化すると思うが、私は著者のことがますます好きになった!

  • ジェネラル・ルージュの凱旋のスピンオフ短編集。あんな感じで物語がつながっているかと思うとおもしろかった。

  • 速水晃一かっこいい
    作者のグチ日記も読める笑

  • (^^)

全232件中 1 - 10件を表示

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)に関連する談話室の質問

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)はこんな本です

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする