ふたたび swing me again (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.00
  • (0)
  • (11)
  • (12)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 88
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677943

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分類をミステリーとしたが、ミステリーかどうか自信がない。 ラヴストーリーのジャンル分けになっていたりもするが、ラヴストーリーでもない気がする。


    引きこもりの高校生が観察していた近所の女性と全く関係のないところで知り合い物語が進んでいく。

    この主人公の高校生ヒロトにはハンセン病で居ないことになっていた祖父と対面することになり祖父と祖母の墓を探すことになる。
    それに図書館で働いている観察していた女性 通称ゴミ子がからんでくる。

  • 映画『ふたたび』の原作。小説がいかにして「惜しい」映画になるのか? の勉強のために。
    結論からいうと、小説のほうが映画よりもストーリーとしてはよかったのに、映画のほうがおもしろかった。
    それは主人公の魅力によるものだと思う。
    あと、小説のほうは(映画もだけれど)なにもかもが都合良くいきすぎ。
    なかなか難しいものだ。

  • 映画「ふたたび」はハンセン病のジャズマンを描いた作品で神戸が舞台となっています。大手前大学さくら夙川キャンパスの正面周辺やメディアライブラリーCELL(図書館)、e`s kitchenなどでロケが行われ、大手前大学の学生40名もエキストラとして出演しました。

    2010年 映画化
    塩屋俊大手前大学客員教授監督
    -------------------------------------
    所在番号:文庫||913.6||ヤキ
    資料番号:10204833
    -------------------------------------

  • 映画「ふたたび」はハンセン病のジャズマンを描いた作品で神戸が舞台となっています。大手前大学さくら夙川キャンパスの正面周辺やメディアライブラリーCELL(図書館)、e`s kitchenなどでロケが行われ、大手前大学の学生40名もエキストラとして出演しました。

    2010年 映画化
    塩屋俊大手前大学客員教授監督
    -------------------------------------
    所在番号:文庫||913.6||ヤキ
    資料番号:10204833
    -------------------------------------

  • 2012年5月

  • 2012.5

  • 心温まるラブストーリー。

  • ラブストーリーですね。大翔とゴミ子、健三郎と百合子、由紀夫と百合子のラブストーリー。それから家族の愛の物語かな。ハンセン病で55年間隔離生活を送っていた健三郎の辛さがちょっと軽く語られていたかなと思う。

  • まあ、そこそこ。ハンセン病の勉強にはなる。

  • せつない話。
    でも主人公が男だからか(?)感情移入できずに終わってしまった感じ。

全21件中 1 - 10件を表示

ふたたび swing me again (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする