読むだけですっきりわかる世界史 中世編 イスラーム教の誕生からジャンヌ=ダルクまで (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.03
  • (2)
  • (25)
  • (30)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 552
感想 : 28
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796678773

作品紹介・あらすじ

知れば知るほど、知りたくなる世界の歴史。中世編ではイスラームが登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 公務員試験対策に。
    読みやすかった。
    しかしヨーロッパ史むつかしい...

  • 蔵書整理で手放すので、再び出会い読む日もあるか

  • 古代編に続き、中世編。とにかく単語を覚えるのが嫌で世界史を履修しなかったので、今回人名や国名でカタカナばかりでやや混乱したが、後ろの索引やGoogle検索を使用しながら中世のざっくりした流れは理解できた。
    現在に続くヨーロッパの各国成立の流れも把握できたし、チンギスハンが世界最大の帝国を作ったことで貿易が盛んになり疾病も広まったことなど興味深く読めた。武則天のエピソードが気になり調べて、ちょっと引いてしまった、中国人との感性の違いを感じた。

  • イスラーム教の誕生からジャンヌ=ダルクまで。ヨーロッパ各国がますます複雑に入り組んでいく中、モンゴル帝国が出来たりイスラム教が生まれたりといった新しい地図ができていく。詳細→http://takeshi3017.chu.jp/file7/naiyou28304.html

  • 古代篇の中世版です。

  • 新書文庫

  • たあお

  • 2015-37(10/07)

  • 11/3/'14積読

  • 前回同様、横の時代に合わせて進むと、地域が行ったり来たりで、しかも時代も微妙にずれてたりするので、縦でまとめてほしい。201404

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著述家、教育評論家、世相評論家。『読むだけですっきりわかる日本史』(宝島社)をはじめ、「読むだけですっきりわかる」シリーズは累計280万部超。精力的な講演活動も行い、メディアへの露出も多数。

「2019年 『図説 一冊で学び直せる戦国史の本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤武士の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×