1億円が貯まる人の「24の成功ルール」 ~無一文でも10年かければできる!

著者 :
  • 宝島社
3.38
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796678964

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすくて、励まされる本でした。

    「気づき」を得たら、「実行」に移す。
    トレード・オフという考え方。
    あなた自身のやり方で成功する。
    困ったことは起きない。

    上記の言葉が印象的でした。

    まずは実行!行動あるのみ!ですね。

  • これは、単なる 著者個人の「投資」の記録本。
    著者も、「今は状況が違うから」 というような内容を本書の中で書いている。
    だとすれば、本のタイトルは、完全な誇大表現である。
    全くお薦めできない。

  • 借金生活から資産家になった著者のストーリーを軸に話が展開されてきます。興味深いし、参考にしたいですが、なかなか素人では、同じことはできないかもしれません。

  • 成功者ならほぼ皆が行っているであろう習慣が述べられています。
    個人的には著者が資産を増やしていく軌跡が参考になりました。

  • (101113)REITっていう投資は知らなかった。読んでよかった。

  • 2010年12月
    川口市立図書館で借りて読みました。

  • 基本的にプラス思考の本。大体似たような系列の本に書いてある内容が多い。あと、改行が多くて、本が少しスカスカに感じる。自己啓発よりの部分もあり。とりあえず大事なことは、プランを明確化し、成文化し、実行する、という内容。

  • 今までの田口さんの著作より、親近感が持てることにより、自分に足りないこと、ほんとはやれることがハッキリしました。本書は著者の田口さんがどの様な経緯で現在に至られるのか、そして、時々の転機に影響を及ぼした書籍の紹介ですが、「一般的に~」ではなく、あくまで田口さん個人の自伝に基づくために、共感度と説得力が高いです。

  • 俺もお金貯めます

  • 今回の本は田口さんの人生とともに、どういう流れで、どんなことをしてファイナンシャルインディペンデンスにまでなったかが書かれている実践編だなぁと思いました♪

    でもすごく読みやすい本で塾の講師を楽しんでしていたという田口さんの過去もわかるように思います☆


    自分もわからないところを明確にして行きたいと思ったありがたい一冊です!

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役。
1972年埼玉県生まれ。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか数年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳の時にお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現。株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立。現在はその経験を活かし、マネー・カウンセリングで個別に相談に乗る一方、より多くの人にお金の大切さを伝えたいという思いから日本全国でセミナー活動を積極的に行っている。
『11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』『お金の不安が消えるノート』(フォレスト出版)、『お金が貯まらない人の悪い習慣39』(マガジンハウス)、『「なぜかお金が貯まる人」がやっていること』『10年後、金持ちになる人 貧乏になる人』(廣済堂出版)など、著書の累計部数は50万部を超えるお金のカリスマ。

「2018年 『金持ち老後、貧乏老後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田口智隆の作品

ツイートする