番長の話

著者 :
  • 宝島社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796679213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名ジョッキー藤田伸二が書いた騎手の裏話。騎手に関する様々な珍事件などをユーモアを交えて紹介している。

    このほど岩田ジョッキーが初のダービー制覇を成し遂げ、多くの人に感動を与えたが、この本に書いてあるエピソードと照らし合わせるとまた見方が変わってちょっとおもしろい。

    競馬好きにはたまらない一冊。

  • いやー面白い!!
    競馬界ってゆーある種
    閉じられた世界だから許されるのかも分からないけど
    個性的な人が多い世界なんだねー


    競馬を新しい目で見れそうですw

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

藤田 伸二(ふじた・しんじ)
1972年北海道新冠町生まれ。JRA騎手。
中学卒業後、牧場勤務を経て競馬学校入学(7期生)。1991年デビューし、JRA賞(最多勝利新人騎手賞)受賞。騎乗回数は1万4000回を数え、通算1829勝。
デビュー以来、武豊の27年連続に次ぐ21年連続重賞勝利を果たし、1996年のダービー(フサイチコンコルド)、1997年の有馬記念(シルクジャスティス)、2002年の宝塚記念(ダンツフレーム)、2010・2011年のジャパンカップダート連覇(トランセンド)、2011年の天皇賞・春(ヒルノダムール)など重賞93勝。
特別模範騎手賞、フェアプレー賞、優秀騎手賞など、表彰歴多数。
(記録はいずれも2013年4月1日現在)

藤田伸二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする