セイギのチカラ (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.08
  • (21)
  • (57)
  • (109)
  • (45)
  • (17)
本棚登録 : 676
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796680516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普通に近くにいそうなキャラクター達だが、しょぼい特殊能力を持っていて、その能力を全員が少しずつ発揮して1つの敵に立ち向かう。リズムがあって、すらすらと読める内容。面白かった!
    舞台化できそう♪

  • こういう作品好きだ。すごいしょぼい異能集団が正義の力を発揮して日本を救う。個々の持つ異能=超能力のせこさと日本を救うと言う目的の大きさのギャップが面白く、一気読みしてしまった。

  • 役に立ちそうもない厄介な超能力とその反動により、
    世間とうまくやっていけない人達が、ネットで知り合い
    初めてのオフ会を開催した。

    だが、その場で殺人事件が起きてしまい……。

    どうしようもない弱い超能力と、
    普通じゃない人生を送る人達が、
    セイギに目覚めつつ、戦う悪とは……。

    うーん、面白い設定と展開なんですが、
    人物たちがいまひとつでした。

  • 動物と話せる、ティッシュが5ミリ浮かんだ、異性を虜にする、気配を絶てる、etc.
    『しょぼい超能力のサイキックアクションノベル』といった感じで紹介されていましたが
    全然しょぼくないと思う。脱毛とブラのホック外し(遠距離)は無意味に思えたけど。笑
    ヒーローらしからぬ彼等の活躍が満載です。難しい事を考えずに楽しく読める一冊でした。

  • 超ライトな内容。スピードがありすぎて目が点になるような。

  • 普通に面白かったー!
    本当にあったら面白いね(((^-^)))

  • エックスメンのような異能集団のストーリー。アメコミみたいな感じでした。笑

    ファンタスティックフォーとか、そんな感じが地球を救う的な感じでとてつもなく現実離れしてはいるものの、コミカルで読みやすい一冊でした。

    アニメ化されたい。笑

    登場人物がかなりのキテレツな人間なので、アニメ化するとキャラがたつと思うなぁ。と思いました!

    息抜きにいい一冊です!

  • 些細な異能力がある6人。それぞれの持っている能力は小さいものだけど、力をあわせてテロに立ち向かうことに。個人的には土岐さんのその人がどんな匂いかわかる能力が欲しい。わたしはどんな匂いだろ。

  • 上村さんの作品を初挑戦。

    この手の作品は自分で好きだと思っていたのですが、なんとなく今回はワールドに入れず何度も止まってしまいました。

    結果、何ヶ月か越しに読み終えて、もちろん特に感動はなく。でもつまらないって感覚は不思議と湧いてこなかったので、自分の読むタイミングが合わなかっただけかもしれません。

  • う~~ん
    これはなんともいえない

    つまらなくはないんだけど、いや?つまらないのかな
    ビミョーだな・・

    しょぼい超能力を持ったひとたち(精神的にビョーキっぽい人もいたり)が
    連続殺人(テロ)に立ち向かう!
    みたいなはなし

    サイコキネシス?を発動するたびに大量に髪の毛が犠牲になる人がキョーレツすぎて失笑(笑)

    エンタメなんだろうけど
    何をわたしは読んでいるんだろう・・と思ってしまった

    カフェオレをおかわりしすぎておなかがちょっとゆるくなる

全103件中 1 - 10件を表示

セイギのチカラ (宝島社文庫)のその他の作品

セイギのチカラ 単行本 セイギのチカラ 上村佑

上村佑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
夏川 草介
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

セイギのチカラ (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする