富士山大噴火! 不気味な5つの兆候

著者 :
  • 宝島社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796683777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐ろしい本である。富士山の噴火など信じたくない人にとっては縁起でもない本だ。こんなもの店頭に置いてもらいたくないだろう。

    しかし富士山の噴火について言及する学者は少なくない。著者もその一人であり、過去において三原山、雲仙普賢岳の噴火そして東日本大震災を事前に予測した。

    歴史的に見ても大地震と富士山の噴火は連動していることが多いそうだ。その理由として地震と噴火の原因がプレートの動きに原因があるからだと木村氏は言う。


    そして本書の中で富士山噴火の前兆と思われる5つの兆候をあげ、その危機が迫っていることを警告、実際に噴火したらどんな被害が起きるのか、またそれに対する対処方法などが紹介されている。

    将来起こりうる可能性のある危機。都合の悪いことは見て見ぬふりをし、後で痛い目に会うのは日本人の悪い癖だ。東日本大震災の記憶も新しい。

    また本書の中では千葉県北東部でM7規模の地震が起こりうる可能性についても言及している。

    木村氏の警告を大げさと笑うか真摯に受け止めるかは自由であるが、それが起きた時の為の対策を何ももとらず、その結果後悔するような事態だけは避けたいものだ。、

  • 今回の震災もそうだが、大きな自然災害の前には前兆もあり、予知もされている。著者のような研究者の方々の努力を無駄にしないように、何が起きても万全な準備が必要だと感じた。知っておくべき情報をもとに準備をしていきたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年横浜市生まれ。東京大学理学系大学院博士課程修了(海洋地質学専攻、理学博士)。通商産業省(現・経済産業省)工業技術院地質調査所、米コロンビア大学ラモント・ドハティ地球科学研究所(総理府派遣)、琉球大学教授を経て、現在、同大学名誉教授。NPO法人海底遺跡研究会理事長。1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災、2014年の御嶽山噴火を事前予測した独自の理論は注目を集めている。1982年度朝日学術奨励賞、1986年度沖縄研究奨励賞を受賞。

「2015年 『緊急図解 次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村政昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする