世界一わかりやすい放射能の本当の話 完全対策編

制作 : 別冊宝島編集部 
  • 宝島社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796684354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本は『世界一わかりやすい放射能の本当の話』の続編です。具体的にどうやって放射能から身を守っていくべきか?今後、原発事故の収束にどれだけの日数や予算がかかるかなどかなり深いところまで書かれています。

    この本は大反響を呼んだブックレット『世界一わかりやすい放射能の本当の話』の続編になります。前作と比べて違うところは「放射能から身を守る具体的方法」と「今後、福島原発はどうなるのか」について深く言及しているということろで、この薄さでここまで具体的な対策がかかれてあるということに正直な話、驚きをを隠せませんでした。

    僕が読んでいてここだけは理解してほしいということころは「放射能はうつらない」というところと「放射性障害は遺伝しない」ということころでしょうかね。最近、福島の人間、というだけで差別にあっている、なんていう記事を読んでいるとそれだけで胸がつぶれる思いがしていましたので「良くぞ言ってくださった!」と快哉を送りたいところです。

    ただ、ここに書かれてあるビールや味噌が放射線や放射能に対しての効果がある!?というのは正直な話「ほんまかいな!? 」という疑問がありましたが、最後のほうでQ&A方式で記されている東電発表の工程表は信用できるか?非難している人々が故郷に帰れるのはいつ?などの疑問は、僕に限らずたいていの人が感じている疑問について、丁寧な解説が書かれていますので、そちらもよろしければ参考にされることをお勧めします。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東海大学物理学部卒。高校の物理教師を経てSF作家、ライターとして幅広く執筆活動中。著書に『ゼロ戦の操縦』、『自分でつくる うまい!海軍めし』(共著)、『戦艦大和3000人の仕事』などがある。

「2018年 『航空戦全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山智樹の作品

ツイートする