原発がなくても電力は足りる!

制作 : 飯田 哲也(環境エネルギー政策研究所所長) 
  • 宝島社
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796685597

作品紹介・あらすじ

電力会社の独占が終われば電気料金は下がる。原発に依存し続けると日本のエネルギー需給はむしろ危機に瀕する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • k

  • 企業自家発電の余剰電力は原発36基分ある、送電のコストが高すぎて出回らない。発電と送電の会社は分けなくてはならない。
    スペインが
    日本版スマートグリッドは

  • オドシ(計画停電)に屈服すると思ったら大間違いだからね、関電さん!

    宝島社のPR
    「計画停電、電力不足、電気料金の値上げ……未曾有の福島第一原発事故が起きてから、繰り返しニュースとなり、節電キャンペーン、電力不足キャンペーンとともに認知されてきた日本の「電力不足問題」。だが、本当に日本の電力は足りないのか? 電気料金を上げなければ電力会社の経営は成り立たないのか? 節電が続くと日本の優良企業は海外に逃げてしまうのか? 原発は本当にコストの安い発電方式なのか? 答えはすべて「NO」だ。 実は世界一高いともいわれる日本の電気料金には、原子力村の人々が潤う独特のカラクリがある。それを守るためのキャンペーンに騙されてはいけない。再生可能(自然)エネルギーの気鋭の論客、飯田哲也・環境エネルギー政策研究所所長を監修・メインスピーカーに、経産省の現役官僚・古賀茂明氏、原発のコスト高の仕組みを解析してきた立命館大学の大島堅一教授をゲストスピーカーに迎え、「電力不足キャンペーン5つウソ」を検証する緊急出版のブックレット!「原発のウソ」がさらに深く理解できる必読の1冊!! 」

    • manamin-ftさん
      原発って、電力不足だから稼働させたいんじゃないですよね。
      あれは、最大出力で安定して稼働させなきゃ余計にコストがかかるシステムなんです。微調...
      原発って、電力不足だから稼働させたいんじゃないですよね。
      あれは、最大出力で安定して稼働させなきゃ余計にコストがかかるシステムなんです。微調整とか不安定になるからダメなの。止めて再稼働とかがダメなの。
      本当は厄介な発電システムなんですよ。本当は分かっていたと思います。携わってる人たちは。
      事故っても、寿命が来ても、どう後始末したら良いのかわからないんだもの。

      でも、止めさせなかった私たちにも責任の一端はある。
      2012/07/07
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「でも、止めさせなかった私たちにも責任の一端はある」
      経済が回らないとか脅されて、屈してしまった感じですよね。
      原発事故の影響で暮らしが無茶...
      「でも、止めさせなかった私たちにも責任の一端はある」
      経済が回らないとか脅されて、屈してしまった感じですよね。
      原発事故の影響で暮らしが無茶苦茶になった人が居るのに、申し訳ない限りです。

      一部の人間が何故、原発に拘るのか?(勿論、懐に入るモノが大きいのでしょう。。。)
      もっと明確に暴いて欲しい!
      2012/07/09
全4件中 1 - 4件を表示

原発がなくても電力は足りる!を本棚に登録しているひと

ツイートする