決定版! ナチュラルコスメ・バイブル

著者 :
  • 宝島社
3.69
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事と興味のために。

    ・パッケージに表示されている成分は配合量が多いものから並んでいる。
    ・エタノールが多い(最初の方に書いてある)とピリピリする場合は後半に書いてあるものか、無配合を選ぶ。
    ・ケミカルコスメは、肌の奥まで浸透させるために化学合成界面活性剤を使用している。肌バリアを壊して奥まで浸透させるため。
    ・美白コスメは合成防腐剤や合成香料を使用している医薬部外品。化粧品では美白を謳ってはならないので、医薬部外品で登録されている。

  • 化粧品ジプシーとは、私の事。作者の本気選びのカタログ見るだけで、すっごく楽しい。面倒がらず、色々試してみたい。しかし、商品がカタカナにすると似たような名前ばかり…

  • 35歳になった年に、急にあごの下に幾つもニキビができるようになってしまった。前から肌に優しい化粧品にしたいと思っていたのだけど、何を選んでいいのか分からずにいたら、本屋でこの本を発見!
    化粧水、乳液、ファンデーション、口紅など項目ごとにオススメ商品が紹介されていて分かりやすい!
    ケミカルコスメから変えていく順番について、まずはメイク用品、その後基礎化粧品という順番も納得〜。ケミカルメイクはナチュラルメイク落としでは落ちないのだね。

    ベースメイクと基礎化粧品をナチュラルに変えて、ニキビはすっかり改善しました!徐々に口紅やアイカラーも移行していきたいな。

  • フツーかな。

  • 世にありがちな・・・?と思ったら、全然違った。
    著者がヘアメイクさんだからなのか、とても客観的に、分かりやすく書かれている本。

    肌が弱いので色々この手の本は読んできたが、
    その中でも随一役に立つと思えた本。

    自分の何を改善すれば目的の方向(いい肌)へ近づく事が出来るのか
    冷静に捉えなおせる。

    漠然としていたケミカルものとオーガニックものとの理解がとても深まった。
    図書館で借りたけど、買うかも。
    手元に是非置いておきたい一冊。

    装丁も挿絵もとてもいい。
    次はもう少し踏み込んだ(専門的に)内容のものを書いてほしい。
    次作に期待。

全5件中 1 - 5件を表示

小松和子の作品

ツイートする