羽生善治 考える力 (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687355

作品紹介・あらすじ

15歳でプロデビュー。以来、前人未到の七冠制覇をはじめ、数々の金字塔を打ち立ててきた棋士・羽生善治。40代のいまなお棋界のトップランナーであり続けるその勝負哲学は、向上心を持つすべての人間に深く語りかける。米長・中原の両巨頭、そして天才棋士を至近距離で観察してきた観戦記者、カメラマンによる「羽生論」を収録。羽生善治の魅力を余すところなく伝える決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の波(好不調)と時流の波がマッチすると良い結果が生まれる。
    ふたつの波がマッチしないときにジタバタしてもしょうがない。
    運が必要である。

    年齢とともに、記憶力はかならず衰えるが、その分、人間の持つさまざまな力をバランスよく、使えるようになる。

    選択肢を広げると、人間には、恐怖心が生まれる。その怖さを克服することが、1番大事である。

    打つ手がある時は、回復期に入っている。大スランプのときは、ジタバタしても始まらない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

羽生 善治(はぶ よしはる)
1970年生まれの将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、7つの永世資格を持ち、史上初の永世七冠に。さらに名誉NHK杯選手権者の資格を持つ。
多くの著作を記している。初の著書、『決断力』は一大ベストセラーになった。ほか、人工知能技術を使った将棋ソフト研究をたゆまず続けており、『人工知能の核心』といった書籍にも関わっている。

羽生善治の作品

ツイートする