【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.01
  • (78)
  • (239)
  • (548)
  • (260)
  • (64)
本棚登録 : 2778
レビュー : 484
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687874

作品紹介・あらすじ

第9回『このミス』大賞受賞作品。植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり-。衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女漫画家の和淳美は、昏睡状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて意識不明の弟と対話を続けるが、意識下での自殺を繰り返して淳美を拒絶する彼に傷ついている。

    力作の首長竜のイラストを粗暴な祖父に破り捨てられた記憶。幼い弟が溺れそうになった海の記憶。徐々に曖昧になる現実と思い出の境目。

    比較的早い段階で推測できる仕掛けですが、暗いのは変わらず・・・

    「アザーズ」と「パプリカ」を融合させたような・・・。
    映画だとふたりは恋人同士という設定のようですがどんな仕上がりになっているのかな。

  • このミス大賞&映画化作品。
    映画化…難しかっただろうなぁ。これをどう表現したのか見てみたい気もする。

    センシングと呼ばれる特殊な機械を使って、自殺未遂を起こして昏睡状態となった弟の脳の中へ入り込み対話をしていくという、SFミステリ。

    現実と意識の中の世界が交錯し、そのどちらにいるのか分からなくなるような、ふわふわとした雰囲気が魅力。

    途中で展開が見えてしまったのと、結末は悲しい。

  • タイトルになんだか引っかかるものを感じると思ったら
    「バナナフィッシュにうってつけの日」を引き合いに出した話でした。
    なるほど。まあ、ちょっと寂しい解釈だけどなー。

    本筋はSF心理ものなんですけど、
    情景描写として奄美諸島の貧しい島の様子なんかが恐ろしく緻密に描かれていて、
    ちゃんとした重みと湿度のあるお話でした。

    ただ、身内に同様の状況がある身としては、
    昏睡患者と物理インターフェースを介して
    意思の疎通ができるという設定は、
    夢はあるものの現実味を感じにくかったな。

    自分の感覚としては人間の意識なんて物理現象にすぎないと思うので、
    魂みたいな話になるとうーんとなってしまう。

    それでもエンターテイメントとして全然楽しめます。

    現実が神の見ている夢ならば、
    僕たちはみんなフィロソフィカル・ゾンビだろう。

  • 発想は素晴らしいが、意識障害者とのコミュニケーションの部分の引用や比喩がオタクすぎる。
    弟も死んでいて、主人公も実世界にいない。じゃあ、だれがこの患者の運営管理をしているんだい??

  • 第9回『このミステリーがすごい‼』大賞受賞作

    植物状態になった患者とコミュニケーションがとれる医療器具「SCインターフェース」が開発された。少女漫画家の淳美は、自殺未遂により植物状態となった弟の浩一と対話を続けている。
    なぜ?弟は自殺を図ったのか?淳美はその答えが聞けぬまま時間だけが過ぎていく。
    淳美が15年連載を続けていた漫画が終わることになり、そのタイミングで次から次に不可思議な出来事が起こり始める。夢なのか?現実なのか?そもそも現実も夢の一部なのか?
    衝撃の結末と静謐な余韻が心に響く・・・
    あとから知ったのですが、本書は綾瀬はるか、佐藤健で映画化されてました。予告編を見ると、設定が少し違いますが、是非この世界観を見てみたい♪

  • この本も東京の景色とともに記憶されている本。2013年に読んだ本は、やけにどれも鮮明に覚えている。

    佐藤健・綾瀬はるか主演で映画化されたときにあわせて読んだ本。乾緑郎の本ははじめてだったが、海外文学を意識している?ような文体に惹き込まれた。

    途中から鮮やかにひっくり返る衝撃。こんな風なミステリの見せ方もあるのかと驚いた。よくわからないまま展開が進み、突然日常が破壊される感覚はホラーとどちらかというと近い。

    作中に出てくるサリンジャーの本を読みたいなと思っていたら、あっという間に5年経ってしまった。胡蝶の夢のごとく夢と現実の境目は実は曖昧なので、その境目がぼやけてくる前に、やりたいことはやらねばもったいないと思う。

  • 話の核心というかトリック自体は序盤で薄々察せられてしまって(この題材ながら伏線は割と丁寧に張ってあるのだ)、終盤の展開自体は特段驚きもなく受け入れられた。
    言及しておきたいのはむしろ文章構成の方で、主人公が現実と虚構を行き来するうちに、読者もまた今自分が読んでいる場面が作中における現実なのか虚構なのかが主人公同様混乱するように、複雑に各節が編まれている。それでいて話の筋自体は矛盾なくすっきりと通っているので、根本の着想自体は真新しくもないように感じられるのに、何故か飽きない文章となっていた。著者の構成力。

  • これは、まったく肌に合わない話だったな。
    胡蝶の夢だかなんだか知らないけど、自分的にはフェアじゃないと思うけどな。

    読み進めている間、実はそれが夢の中の話だったり・・・。半分を過ぎたあたりで、けっこう苦痛だったけどなぁ。よっぽど投げ出そうかと思った。読んでいても、それが現実の話なのか夢の中の話なのか解らないんじゃ、自分の読解力では落ち着いて物語に入り込めない。
    もっとも、最終的には、全部が夢の中の話でした!ってオチなんだけど・・・。
    こんなの、自分の感覚だと反則ギリギリ、と言うか、反則なんだよな。

    文章もリズム感が無いというか・・・。
    現実か夢の話か解らない内容を、リズム感の無い文章で読むのは苦痛だった。

    そもそも「SCインターフェース」って何だよ?(笑)
    中途半端にSF的な要素を入れるもんだから、よけいにつまらなく感じた。SF的要素をいれるなら、もっと丁寧に説明しないと・・・。

    ☆1個

    背表紙~

    第9回「このミス」大賞受賞作品。植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり━。衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。

    う~ん、この背表紙の説明、正確じゃないよな。
    まぁ、この作者、もう読むことはないだろうから、どうでもいいけど・・・。

  • いわゆる推理物というよりは、確かに物語は謎めいているんだけど、ホラーとかサスペンスみたいな雰囲気。そんなに人が死にまくったりするわけでも無いのにね。
    面白かった…ちょっとわくわくしちゃうような不思議さが、そのまんま薄気味悪さにすり替わっていって、なあんだと思わせてからの、この読後感!!
    「夢からから醒めてもまた夢」「胡蝶の夢」といったテーマから、なによりもそのクラクラする舞台の見事さから映画インセプションを連想したけど、あれから単純娯楽をぬいて、空虚なホラーのようなうすら怖さを漂わせたような…、いやあもう、本当に、「このミステリーがすごい! 満場一致!」って感じだわ。珍しくまるでエッセイしていない、読書感想文していない解説(まさに解説)の通りだわ。素直に浸って楽しめた。

    いやーーすごいものをよんだーー。
    ラストシーンはどう説明すると説明つくのかなぁ、つかないものかもしれないけれど、偽物のサイン掴まされた人がどうなるか予想ついて仕込んでたとか…いや無理があるかな。

  • 漫画家の淳美は、「SCインターフェース」を使用し、自殺未遂を起こした弟と対話を続けている。そんな淳美の周囲で不可思議な出来事が起こりはじめ、真相が徐々に明かされていくという物語。「胡蝶の夢」の話が出たあたりで、物語の展開やオチまで予想がついてしまいましたし、今までにもこんな話あったよなーみたいな感じでした。映画のインセプションより前に作られていたようですが、結局のところ「胡蝶の夢」にストーリーを付けただけのような内容。それほど面白いとは思いませんでした。

全484件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年東京都生まれ。2010年『忍び外伝』で第2回朝日時代小説大賞、『完全なる首長竜の日』で第9回『このミステリーがすごい』」大賞を受賞し、デビュー。2013年『忍び秘伝』が第15回大藪春彦賞候補となる。他の著書に「鷹野鍼灸院の事件簿」シリーズ、『海鳥の眠るホテル』『機巧のイヴ』『思い出は満たされないまま』『ライプツィヒの犬』など。

「2017年 『決戦!賤ヶ岳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)のその他の作品

乾緑郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
宮部 みゆき
米澤 穂信
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする