猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.53
  • (23)
  • (62)
  • (94)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 536
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796688604

作品紹介・あらすじ

猫になってしまった理系女子。“絶食”理系男子とともに、もとの姿にもどるため、研究室で奮闘する一人と一匹は、大学内で違法な合成が行われていることに気づく。

『このミステリーがすごい!』大賞作家、有機化学ラブコメ×ミステリー第2弾!化学クラスタを中心に大好評!
表紙のイラストはカスヤナガトさん

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肩書きの凄い作者が書く本だから難しいかと思ったけど、
    すっごく読みやすく面白かった。
    確かに専門用語が多くそこはスルーしたけど。

    猫が出てくるお話は好きだな~なんでだろうか。
    人嫌いだった菊地くんが大活躍だったわ。
    でも絶対入れ替わるなんて嫌だわ。

  • デビュー作「ラブ・ケミストリー」に続く2作目。
    有機化学ラブコメ×ミステリとか。
    結局ジャンルは…?

    農学部の大学院で起きた出来事。
    院生の菊池明斗は、いつも一人で行動している~草食系どころか絶食系?男子。
    学内に住み着いている野良猫だけが、友達。
    やはり院生の辻森スバルとたまたま一緒にいたときに落雷に遭い、明斗の魂は女の子のスバルの身体に、スバルの魂は野良猫に入れ替わっていた!
    猫は意識を失ったまま、明斗として入院することに。

    何とか元に戻そうと奔走する二人。
    明斗は計算科学専攻だが、畑違いのスバルの実験が間に合わないため、口実を設けて猫を実験室に置き、スバルのテレパシーで指示されながら、実験を続けることに。
    明斗が、社交的な性格のスバルのふりをして喋るのが、大変なのだが。
    スバルが猫の姿で(テレパシーだけど)喋ったり、猫手でスマホをいじったり、思わずじゃれたりするのが可愛い。

    キャットフードに何かが混入されていた!
    実験室で覚醒剤が作られている疑いが起き、その捜査をする二人。
    常にいろいろな試薬を扱うため、作ることだけは意外に簡単にできてしまうんですね。
    学内の個性的な面々の中の誰かが、作ったのだ。
    はたして…?

    スバルの明るい性格で、気持ちよく読み進めます。
    学内の雰囲気も思い描きやすく、化学についての説明もほどほど。
    軽快なタッチで、楽しめました。

    著者は1979年、徳島生まれ。
    第9回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞してデビュー。
    大手製薬会社に研究員として勤務。

  • このミス『ラブ・ケミストリー』の東大院卒の著者が描いた、理系草食男子の有機化学系ラブコメミステリー。
    理系草食男子ってかわいい

  • 前作と比べて、ミステリーの要素は増えたかな…。
    その分、ライトミステリーとしては面白くなっていたと思ぅ。

    骨格のストーリーは、まんま「転校生」なので、
    ラブコメとしては、意外性は小さかったかな…。

    でも、その分、主人公の草食度が控えめになってしまったかも…。
    やっぱ、理系草食男子は、お話の終盤までは格好悪くないとね…。

    舞台は、前作と同じく東大農学部だけど…、
    前作と絡んでない点は、よかったのか悪かったのか…。

    前作よりもシンプルでしたが、その分、甘めの評価といぅことで…。

  • 著者の前作『ラブ・ケミストリー』が面白かったので、amazonで予約して『猫色ケミストリー』も購入。
    結論から先に書くと、『ラブ・ケミストリー』の方が読みやすく、勢いもあって面白かったなあという印象。

    計算化学を専攻する大学院生の主人公と、化学専攻の女子大学院生の魂が、自分とは別の肉体に入り込んでしまい、元に戻るための方法を探るというのが、大まかなストーリー。
    そこに、違法な覚醒剤合成を行っている犯人は誰か?というミステリーが絡んでくる。

    この覚醒剤合成の真犯人は予測通りだったので、意外性が全く感じられなかった。一番怪しい人が、ひねりも無く犯人でしたという結論に、ちょっとがっかり。
    ストーリーに乗っかって最後の驚きを楽しむのが好きな私としては、もうちょっと意外性が欲しかった。動機に関しても、やや安易かなという感じ(←伏線はあったけど、そこで真犯人の正体を確信しましたし)。

    ついでに、「実は○○さんが好きでした」・・・というエピソードが同研究室内で多すぎるような気が。
    確かに理系の研究室は、研究室内とか学部内恋愛が非常に多いとは思うんですけれどね。
    でも、最後のあれはちょっと蛇足かも?
    覚醒剤中毒で暴れ回る○○さんを見てもなお、「ずっと好きだ!」と言える○○さんは凄いと思う(笑)。
    そんなに好きなら、「好き」というそぶりが伏線的に少し欲しかったです。

    あと、前作では主人公が化学合成の専門だったので、実験の描写などスムーズだったように感じるんですが、今回は素人設定だからなのか、いろいろ細かい上に説明的な文章が多いような気がしました。

    前作から続けて読んだので、ちょっと評価が厳しめになったかもしれません。

  • 舞台は確実に本郷の東大。化学用語がチロチロ出てくるが、削除してもストーリーに何の問題もないので、もっとコンパクトでもよかった。
    ストーリー的には、猫の存在があればこそ、中盤の停滞区間も我慢できるほど猫への依存度高め。
    全体としては真面目にまとまりすぎ。

  • 昔キャットフードを食べたことがあるけど全然美味しくなかったので、猫になってもう一度食べてみたい。

  • 201702

  • 農学部。猫とコミュ障的な理系男子と活発なリケジョが入れ替わってしまう。

  • 『ラブ・ケミストリー』の続編…かと思いきや全く違うお話。今回も有機化学を題材にしたミステリー。落雷により猫と女の子と男の子の魂が入れ替わるという使い古されたありがちな設定ではあるけど、前作『ラブ・ケミストリー』より格段に読みやすかった。完全文系な私だけど、化学分野も興味深く読めた。まさかあそことあそこでつながってるとは…。あの人は最初から気づいてたのかな?動機が微妙だけど、まぁ本格派じゃないしこんなもんかなと。2012/353

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

喜多喜久(きた よしひさ)
1979年、徳島県生まれ。
東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了後、大手製薬会社に研究員として勤務する兼業作家。
2011年『ラブ・ケミストリー』にて第9回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞し、デビュー。同作の「有機化学ミステリー」シリーズ、「化学探偵Mr.キュリー」シリーズが代表作。

猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)のその他の作品

喜多喜久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
伊坂 幸太郎
高野 和明
有川 浩
有川 浩
夏川 草介
有川 浩
三浦 しをん
夏川 草介
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)に関連するまとめ

猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする