NHKスペシャル ここまで来た! うつ病治療

著者 :
  • 宝島社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796688802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書で紹介されている磁気治療は、杏林大学付属病院(東京都三鷹市)で行われている。

  • うつ病の同僚がいるので読んでみた。

  • 裏表紙の裏
    長らくセロトニン主犯説が有力とされ、SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)などの抗うつ薬の処方が定着してきたうつ病治療ー。しかし最新の脳科学によって、うつ病の人の脳では、前頭前野にあるDLPFC(意欲や判断にかかわる場所)の活動が、低下していることがわかってきた。そのため、不安や悲しみを生むへんとう対の暴走を制御できないのだ。最新の脳科学によって解明されつつある、うつ病のメカニズムを知る。

  • うつ病の治療と診断の最新の技術の紹介。
    アメリカを中心に研究が進んでいる脳医学の観点からの診断・治療法。

    脳を流れる血流量の変化から統計的に診断を下す「光トポグラフィー検査」、磁気で脳内の特定の場所に電流を発生させ刺激する「TMS(経頭蓋磁気刺激)」、脳内に電極を取り付けTMSでは刺激できない深い箇所を刺激する「脳深部刺激(DBS)」。
    また、言葉の力でうつを直す、認知行動療法。

    海外の事例との比較で浮き彫りになる、日本における精神科治療の問題点。
    この国で精神科にかかることの怖さを感じる一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

NHK取材班の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
古川 武士
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
高野 和明
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする