読むだけですっきりわかる続・国語読解力 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 D こ 2-10)

著者 :
  • 宝島社
3.11
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 82
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796689274

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読むだけですっきりわかるシリーズの続・国語読解力。前作を読んだ人から続編待望の声が筆者のもとに多く寄せられ、今作の続編刊行のはこびとなったらしい。前作と同じく本文の中に問題文があって自分の頭で解いて答え合わせをする。そして筆者の解説がある。という形式になっている。難易度は前作よりも高め。要約問題あり、段落の切れ目問題、段落の構成問題、単語や言い回しの内容理解やニュアンスを問う問題、記述問題もある。特に自分がつまづいたのが品詞問題。例えば形容動詞の活用の問題が出てくる。私はすっかり「形容動詞」というものの存在を忘れていた。(形容詞はさすがに忘れないけど。)さらに未然、連用、終止、連体、仮定、命令という活用についても、なんか覚えた記憶はあったけど、何を意味するものなのか記憶からすっぽ抜けてた…社会人の学びなおしになって少しはタメになったのかな?詳細→
    https://takeshi3017.chu.jp/file9/naiyou28317.html

  • 予備校講師だった作者の「やり直しの日本地理」がよかったので読んでみた。残念ながら、「国語」はイマイチでした。

  • 【紹介元】
    「改訂版 公立校なら上位10%を目指しなさい!」(P.94)

  • この書籍では、前回の「国語読解力」の続編で同様な内容になっています。

  • [墨田区図書館]

    先日読んだ全前書の「読むだけですっきりわかる国語読解力」はイマイチに感じたんだけど念のために借りてきてみた続編。ただこちらはやや「問題集」として使えるのかも。

    P84とP210に書かれた、訓読み問題と、対義語、否定語の問題はやっときたいなと思った。

  •  このシリーズは良い。
     だが、前作の勢いには劣る。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

著述家、教育評論家、世相評論家。『読むだけですっきりわかる日本史』(宝島社)をはじめ、「読むだけですっきりわかる」シリーズは累計280万部超。精力的な講演活動も行い、メディアへの露出も多数。

「2019年 『図説 一冊で学び直せる戦国史の本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤武士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×