モノを捨てよ世界へ出よう

著者 :
  • 宝島社
3.43
  • (25)
  • (48)
  • (68)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 547
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796689946

作品紹介・あらすじ

1年の3分の2を海外で生活する高城剛が贈るサバイバル時代を生き抜くための世界移住ガイド。混迷の日本を脱出して、いまこそ海を渡ろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高城剛さんの海外移住経験からこれからの日本と世界の比較をしながら世界の魅力を伝えている。
    世界を視野に入れて仕事をする人そうでない人にも読んでほしい一冊。

  • 海外に出る回数は、イギリスでは全国民平均で年一回、日本では0.12回。

    1カ月海外で生活すると変わる。旅行ではない。
    語学学校にはいる。英語ならフィリピンが安い。語学習得の海外生活。

    海外に行く時は伝えることを用意する
    日本の実態。交通ラッシュなどの映像を持って行く

    航空路線はスカイスキャナーで調べてLCCを直接買う

    国境を越えて稼ぐ非定住者と国を出られない貧困定住者に分かれる=ジャックアタリ

    チェンマイ=若者が多い、日本とのデュアルライフ

  • 海外生活に興味がある自分のテンションがあがるかなと選択。
    具体的に「洋行」に適した街の名前とその説明もあるので、より参考になる。
    洋行として薦められていることは旅行ではなく、生活すること。自分もそれをすべく計画したいと思う、よい刺激になった。

    ショックドクトリン:大きな災害のあとで、人々の危機意識を煽り、無理矢理法案を通したりすること/陸奥宗光「事の失敗に屈すべからず、失敗すれば失敗を償ふ丈の工夫を凝らすべし」/就労ビザの申請は時間も費用もかかる→人材への期待も大きくなる/洋行おすすめ都市:ロンドン、バルセロナ、サンセバスチャン、ヘルシンキ、香港、台北

  • 日本の政治システムによって虐げられ、多き不満を持つ若者は、ツイッターやフェイスブックという世界の中で不満を爆発させているが、それが現実の世界へと表れなければあまり意味はないだろう。いまのところ、ただのガス抜きつールになってしまっているのではないだろうか。
    今の日のンは、とにかく閉塞感が凄まじい。おもしろいことをしようとするとたたかれるし、そういう行動を起こそうとしない方がいいのではないか?とさえ考える人が増えていると思う。しかし、突飛な行動を起こせば御家断絶なり切腹なりの沙汰が下されていた当時と比べれば、今はとても自由だ。個の自由を最大限に生かし、高杉晋作が言うとおり、みんなで世の中を面白くしていけばいいと思う。さらに言えば、そうして面白いことを率先して行動できる人が、新しい時代を生み出していくのだろう。高杉晋作はわずか27歳で病に伏してしまったが、やりたいことw貫いた人生は、今現在も輝きを失っていない。
    一度外へ出た上でなら、そこから日本へ戻って再びひきこもりの道を選ぶのもあり得る話だと思う。これまでとは違った視座をもてt、内向きの思考を突き詰められるからだ。徹底的に内面世界を追求することで生まれたアートや音楽は、インターネットを通じて容易に世界へと発信することが可能で、世界中からファンを見つけ出すことができる。日本というローカルで生きていくことを決めた人にとっても、世界の視座を手に入れることで、日本で生き抜く上での貴重なアイデアを得ることが出来るはずだ。
    飛行機内にノートPCと大量のバッテリーを持ち込んで映像の編集作業を行い、到着後もそのままスタジオへ直行し、完成するまで一歩も外に出ないということもある。それが日本国内か、海外かというだけだ。
    作家、未来学者として著名なアルビン・トフラーは21世紀には国家や企業などではなく、個人の力が増大すると語っている。インターネットの登場以来、これまでは切り捨てられてきた個人発信の情報が時代を動かすほどの力を持ってきたのはすでに周知の通りだろう。
    IT技術が発達した現在、どんな人でも2年あればそれなりのスキルを身に着け、クリエイターらしい仕事が出来るような時代に突入した。この時代において何よりも必要なのは、2年後にこうありたいと想うビジョンだ。それがなければ、時代の荒波の中でただフラフラと波間に揺れる木片のような存在になってしまうだろう。

    The World Factbook:おすすめの日本にいながら手に入る情報
    オススメ海外スポット
    バイロンベイ:近代化を否定するサーファーの聖地

  • 一度外国で生活してみる必要性を説いてくれる一冊!
    洋行へのハードルをどんどん低くしてくれる!
    日本を俯瞰してみるためには海外に出るしかない。
    海外旅行ではなく海外生活することが大切だと教えてくれる。
    攘夷志士たちの言葉に突き動かされるものがある!
    現地の語学学校の情報も載っているから少しでも海外での生活に興味がある人には読んでほしい!

  • 海外へ出る後押しとなる一冊!

    高城さんに興味を持ったので購入した数冊の内の一冊。今、人生の転換期に入っている、つまりこのまま日本に残るか来年の夏から海外で働くか!自分の中では結論はすでに出てていくしかないけど、今の自分の考えを後押ししてくれる素晴らしい本!

    高城さんは、これまでのライフスタイルと違った新しいスタイルを提示している!彼は本当にインターナショナルで、彼の市場は世界!安藤忠雄も言ってたけど自分の実力があれば世界のどこでも働ける、日本が景気悪かったら、次は上海、ダメになったら次はバーレーン、世界のどこかはいつも景気がいい!という言葉を思い出した。

    彼はなんだかんだで若いし、この生き方(定住しない)がいつまで続きどうなるのかはわかならい、しかし今の自分には大きな示唆をくれた!ありがとう!

    これからは個人が力を持つ時代、自分の興味のある分野好きな分野を早く見つけて徹底的に磨いて世界のどこかで働きたい!

    Just do it!

  • この本では、
    英語が必要不可欠になること。
    世界の文化を肌で感じて視野を世界まで広げること。
    など今の日本を江戸時代の鎖国だった日本と同質であるとし、
    今後日本が盛り上がるには世界を受け入れる必要があると書かれています。

    この本の中で一番グッときたとこは
    ”国際感覚”を磨くこと。

    自分の常識を日本の中だけの常識だけにするのではなく
    世界の文化を肌で感じ世界基準で物事を考えられるようになることが
    重要だと書かれていました。

    この本を読むと
    英語の必要性をより実感することができ
    英語をスキルアップの1つではなく
    生きてくために必要な知識であると思うきっかけになるような気がします。


    ブログにも書評を書いてみました。
    http://www.inakamono-sukebeeee.com/books/46/

  • 沈む日本。それを再浮上させるのは誰か。ということを考えさせられる一冊。
    今の時代、上に上がるという考え方はそぐわないかもしれないけど。
    様々な側面で転換期となる今年。
    どれだけ人は意識できているんだろう。数多くの重要なことを「なかったこと」にしてしまう国民性。しかし、それをそろそろ放置しておく訳にはいかなくなってきた。

    海外に出て、個人の力を高め、大きな枠組みで行動をできる人を増やしていいく。その人数が増えていくことで、結果として国家の在り方も変わるのかもしれない。

    とても、今の気持ちに刺さる一冊。

    ただ、ページ数に対して、フォントの大きさと改行の多さが唯一の難点。

  • 高城剛氏の新刊です。

    場所にとらわれないノマド生活を送っている高城氏は、日本から出ないことへのリスクに警鐘を鳴らしています。

    インターネットやLCCの発達により、海外で生活をすることに対して障壁がより少なくなっている昨今、日本だけでの生活に固執することがいかに危険であるかと説いています。明治維新の勇者達は洋行(海外に行って、様々なことを学ぶこと)により、日本をより競争力のある国にしました。
    今、このような洋行が求められていると言っています。
    そして、洋行するには身軽にしておかなければならず、自分の身の回りのものを常に最小限に留めておくことが洋行への第一歩だそうです。



    以下、自分用メモです。

    ・変化をすることを恐れてはならない。また、いまあるものを失うことを恐れてはいけない。失うことは得ることの前段階に過ぎないのだから。

    ・国際感覚の一例 決断をすることが大事である。決断とは「イエス」、「ノー」又は「まだわからない」と言うことであり、「わからない」と言う時には、どのような状態、時間、情報があれば答えがだせるのかを明確にすることが重要である。

    ・今まで、ITを使いこなせるもの、使いこなせないものの情報格差が指摘されてきた。これからは情報を正しく理解できる者と理解した気になっている者との格差が広がっていく。

  • 『モノを捨てよ世界へ出よう』(高城剛)。ミニマリズム的生活思想、海外を拠点に仕事、積極的洋行。僕もかなり近い価値観で動いているとはいえ、この本が2012年刊行なのも驚き。後半は『10年後の仕事図鑑』で書いた内容とかなり近い。高城さんさすがだな〜。

全66件中 1 - 10件を表示

モノを捨てよ世界へ出ようのその他の作品

高城剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

モノを捨てよ世界へ出ようを本棚に登録しているひと

ツイートする