命を脅かす医学常識 (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796689960

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • センセーショナルな題名だが、内容はかなり難解。論理を理解するには医学や生物学をかじっていない者ではまず無理かも。
    一部、禁煙と喫煙の取り違えがあって文意が真逆になるようなミスも見つけてしまった。
    しかし、とりあえず医者も一枚岩ではないことが伺える。どれが正しい治療なのか、絶えず患者を使って人体実験しているような印象だ。

    一般市民の我々に出来ることは、信頼できる医師に身を任せることだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1969年大阪大学医学部卒業。内科医師。NPO法人医療ビジランスセンター理事長。阪南中央病院内科に20年間勤務。1986年TIP誌(「正しい治療と薬の情報」)を創刊、副編集長を務め、長年にわたり医薬品の安全で適正な使用のための研究と情報活動に取り組んでいる。2001年からは季刊誌『薬のチェックは命のチェック』を刊行。医療事故の相談、鑑定にも関わる。著書に『高血圧は薬で下げるな!』(角川書店)、『認知症にさせられる!』(幻冬舎)など多数。

命を脅かす医学常識 (宝島SUGOI文庫)のその他の作品

浜六郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする