野球の本当のこと、ぜんぶ話そう!

著者 :
  • 宝島社
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796695893

作品紹介・あらすじ

なぜ、あのプロ野球選手は活躍できるのか。腕が短いから勝てる"ダルビッシュ有"、他の投手とテンポが違う"斎藤佑樹"、ホームランを封印した"イチロー"などなどフォームから身体の秘密まで完全分析。野球ファンとトップ選手を目指す君に贈る工藤公康だからわかる真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  身体やトレーニングの理論に詳しい著者が、プロ野球選手に必要な考え方を説いている。専門知識を必要とする部分について、もう少し分かりやすく書いてほしいと感じる部分があった。

  • 題名が壮大過ぎて中身が追いついてない印象。目からうろこというよりは割と当たり前のことが、野球をしている人に教え諭すように書いてある感じ。個人的には「アウフバウ」に興味が湧いたかな。

  • 本物になるためには、頭を使って最善を尽くす必要があるということを改めて認識した。
    自分の能力を最大限に引き出す知恵を鍛えたい。

  • 工藤さんの体の知識に驚愕。若い医療従事者並かも。その工藤さんが若い時期に投げ込みをし、筋力に頼らない投げ方を作り上げる事を推奨しているのは注目すべき事だと思います。

  • 成瀬に対して「電話ボックスのなかで投げているイメージを作りなさい」って、すごいアドバイスだなー。

  • 【新刊情報】野球の本当のこと、ぜんぶ話そう! 783.7/ク http://tinyurl.com/c9k33yy 腕が短いから勝てるダルビッシュ有、テンポが違う斎藤佑樹、ホームランを封印したイチロー…。野球解説者・工藤公康が、プロ野球で活躍中の選手を完全分析する。 #安城

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1963年愛知県生まれ。名古屋電気高校(現・愛知工業大学名電高等学校)から、81年にドラフト6位で西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に入団。在籍13年で8度の日本一に輝き、エースとして西武の黄金時代を支える。その後も福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、読売ジャイアンツの日本一に貢献。「優勝請負人」と呼ばれると同時に、現役29年間で通算224勝、最優秀防御率4回、最多奪三振2回、ベストナイン3回など数々の記録を残した。2011年、48歳の時に現役引退を表明。現在は野球キャスター・解説者・評論家として活躍中。

「2014年 『孤独を怖れない力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤公康の作品

ツイートする