12か月のこと (e-MOOK)

著者 :
  • 宝島社
3.77
  • (15)
  • (22)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 221
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796695930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真がいっぱいでどれも素敵で著者の暮らしぶりが伝わってきます。1日1日、ひとつひとつのことを丁寧に過ごしたいな。コーディネートとレッグウェアのページが可愛い。ラッピングなどもとても参考になります。

  • 何から何まで丁寧。
    自分も 丁寧に洗濯しようと思った。

  • いいなあ、内田さん。

    私もこんな生活空間に居られたらなあ...と思うけれど、
    丁寧に物と接する気持ちや、心に余裕がある人だからこそできる生き方なんだろうな。
    まずはそれを培うところから始めよう。

    心を込めて。

  • 背伸びせず、居心地がよい生活を送るヒントがつまった本。
    図書館で借りたのですが、気に入ったので購入しようかなと思います。

  • 月毎、季節ごとの細々としたことを丁寧に楽しんでいる感じ。
    いいなぁ。
    「くらし」ってこういうことかなと思う。

    毎月見返したら、その都度初心にかえれるような気がした。

  • 写真が多くて、ぱらぱらとめくっているだけでも素敵。
    暮らしを楽しんでるって感じがします。
    ほんのりしあわせになれますよ(*'-'*)

  • 暮らしぶりが素敵で女性誌等で人気の高い内田彩仍さんのお宅の12か月が綴られた一冊。
    お正月、節分、桃の節句といった年中行事や、衣替えや生活用品のお手入れなどが紹介され、そのどれもが丁寧できめこまやかで女性らしい。
    ナチュラルほっこりな甘い感じがそぎ落とされ、より洗練され研ぎ澄まされた印象を受けた。

  • ていねいに生活をされてる方ですね
    時々この方の本を読んで
    刺激を受けたいです

  • 1年を通した
    ていねいな専業主婦のくらし
    憧れ^_^

  • 2015平成27*2*16

    ステンドグラスの先生に頂きました
    こういう本を読むと楽しいし、自分の生活に活かせるところはやろうと思う。
    こういう本はたくさん出てるけど、うわべだけ綺麗な本が多いね。本物の素敵な本は少ない

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県に夫と愛猫クリムと暮らす。丁寧な暮らしぶり、センスある着こなしが雑誌などで人気を集める。著書に『季節の暮らしと服支度』(主婦と生活社刊)、『暮らしのつなぎ方』(宝島社刊)などがある。

「2018年 『いとおしむ暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田彩仍の作品

12か月のこと (e-MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする