日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ

著者 :
  • 宝島社
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796697040

作品紹介・あらすじ

本書は、李登輝が書き溜めてきた日本精神と日本と台湾の絆についての草稿を、最新のインタビューとともにまとめた、日本人全員に贈る一冊である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 台湾人である李登輝さんを通して古き良き日本精神を再発見する
    武士道をもう一度読んでみようかと思う

  • 李登輝元総統のこれまでの講演記録の一部をまとめたもの。混迷を極めている日本に対して不可欠な精神を教えてくれている。氏のような人物が今の日本の政治を担ってくれればと、多くの人々が思うはずだ。そして、それはないものねだりだということも皆よくわかっている。李元総統のような政治家以上の資質を具えた政治家は、非常に稀有な存在であることもわかっている。私たちにできることは、本書に書かれているような、以前の日本で当たり前だったことと、今も当然のように心がけていることを確認することだと思う。その上でそれぞれの持ち場を担当することだろう。

    参考:西郷隆盛と台湾の女性(217頁関係)
    http://www.katch.ne.jp/~sano/dobuita/newpage17.htm
    http://zhenyan.cocolog-nifty.com/twlog/2005/05/post_7384.html

  • <メモ>
    中国や韓国では反日、台湾は親日。統治の良しあしは別として、リーダーとなる人がどんなふうに導いたかでその後の関係もこんなに違うのかとしみじみ思う。
    後藤新平や新渡戸稲造、ほか有能なリーダーが台湾人にとっての
    生活、教育(日本教育だったとしても)を大切に統治を進めていたことで
    今日の台湾があるとしている。
    李登輝氏は親日として知られていることはあるかもしれないが。

    おもに武士道を通して日本精神を称賛している。

  • 日本統治時代、国民党の軍事独裁期、民主化後の3つの時代を生きた
    李登輝・元台湾総統がかつて日本人が生活の中に持っていた「武士道」について語り、これからの日台両国がこれから向かうべき未来を両国の若者に問いかける。

  • 台湾を成熟した民主国家にするためには‥国民の幸せと台湾社会の安定を考え続ける李登輝氏の愛に溢れる本‼

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

李登輝(り・とうき)
1923年、台湾・淡水郡に生まれる。元台湾総統。農業経済学者。コーネル大学農業経済学博士。拓殖大学名誉博士。旧制台北高等学校を卒業後、京都帝国大学農学部に進学。1943年、日本陸軍に入隊。終戦後、台湾大学農学部に編入学。台湾大学講師、アメリカ留学などを経て、台湾大学教授に就任。1971年、国民党に入党。1972年、行政院政務委員として入閣。台北市長、台湾省政府主席、副総統を歴任。1988年、蒋経国総統の死去にともない総統に就任。1990年の総統選挙、1996年の台湾初の総統直接選挙で選出され、総統を12年間務める。台湾の民主化実現に全政治生命を賭けた。

李登輝の作品

ツイートする