syunkonカフェごはん 2 (e-MOOK)

著者 :
  • 宝島社
4.16
  • (25)
  • (26)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 327
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796697101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山本ゆりさんの料理本は普通の料理本ではなく 読んでも面白く材料もどこの家にもありそうな 作ってみたくなる料理がいっぱいです。
    (((*≧艸≦)ププッ と笑ってしまう♪
    私的にはきよこさんの件が面白くて面白くて大好きです!
    私も料理はきっちり計って丁寧って感じではなく 美味しく長続き出来たらいいなぁと思うので 山本ゆりさんの料理本はうってつけです。

  • どんどん作ってみようと思う。しかし、本当に読み物としても、面白すぎる。センスがいいし、本や漫画をたくさん読んで来られたのだなと思う。

  • 簡単に作れそうなのがたくさん載ってるので買おうかしら(今回図書館です)でも、買うと安心して本の存在を忘れることもあるし(笑)カツオのたたきの時期にサラダ作りたいな。美味しそう。キャベツと紫蘇のメンチカツも美味しそう。一口サイズでころころ揚げたい。

  • この人の語彙とかセンスってどこからきてるんだろう、と笑いながら読んでしまう料理本。
    しかも作ったら美味しいし、余計な調味料はあまりないし、良いことづくめ。

    じゃがいものサクサクマヨネーズ焼き、豚肉のめんつゆ玉ねぎ炒め定食、大根とひき肉のとろみしょうが煮とかを作ってみたい。

  • 簡単で美味しそうなものばかり。
    それ以上に、ただ読んでても面白い本。
    揃える材料とかも特別なものじゃないからステキ。

  • 2012/04

  • 料理しない私が料理したくなる本です。

  • これも割りと好みだったか。
    お菓子系にはまったく関心動かず

  • おもしろレシピ本第二弾。
    うちで使うには三冊中ではこれが一番よさそう。
    ただし、どちらかといえば若い家庭向き。
    レシピ傾向から、高齢世帯には向かないと思う。

  • 二冊目。今回も、これは絶対作るぞ!というものはなし。
    でもこまごました吹き出しまでじろじろ見ちゃう。おもしろくて。
    読者のコメント欄はうっとうしいからいらん。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

料理コラムニスト
1986年、大阪生まれ&在住。結婚前は広告代理店の営業。現在は8歳と4歳の女の子の母である傍ら、料理やエッセイ執筆の仕事をしている。2011年4月に初の料理本『syunkonカフェごはん』を出版。その後『syunkonカフェごはん(2~6)』『syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ』『syunkonカフェごはん めんどくさくない献立』『syunkonカフェごはん レンジでもっと! 絶品レシピ』とシリーズ化され、累計630万部を超える。

ブログ :含み笑いのカフェごはん [syunkon」
Twitter :@syunkon0507
Instagram :@yamamoto0507
(「syunkon」は「春魂」と書いて、高校時代のバスケットボール部のスローガン)

「2020年 『syunkonカフェごはん 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ゆりの作品

syunkonカフェごはん 2 (e-MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする