詩的言語とはなにか―ロシア・フォルマリズムの詩的理論

制作 : 大西 祥子 
  • せりか書房
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796701419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシア語についてはまったくわからないので多少心配であったけれど、別にそれで困るということはあまりなかった。
    これまで詩というのはよくわからぬ言葉の羅列という程度にしかとらえておらず、それも表層的な意味の読解にとどまっていたから、こういういかにもロシアフォルマニスム的な音韻や構造の観点というのは結構新鮮であった。
    少し古いロシア詩を扱っているけれども、ここで述べられていることは現代の詩はもちろん、J-POPなどの歌詞についても充分応用が可能な内容であると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

水野忠夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
ヴィリエ・ド・リ...
ミハイル バフチ...
スーザン ソンタ...
ウィトゲンシュタ...
ガブリエル ガル...
ミシェル・フーコ...
ドストエフスキー
ハーマン・メルヴ...
ドストエフスキー
サン=テグジュペ...
フランツ・カフカ
ロラン・バルト
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする