• Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796701648

作品紹介・あらすじ

『火の精神分析』に始まる四元素(火、水、空気、大地)を基盤とする物質的想像力の探究は、最後にまた、死と再生の瞬間を集約する《火》のイマージュに向かった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うまく言えないけど、読んでて良かったなぁ・・・!「火」から始まり「フェニックス」「プロメテウス」をキーワードに展開される批評は、感覚を知覚していく過程をテーマにしてるようにも見えて、感覚的に読めたような気がする!字面も接しやすかった!

全1件中 1 - 1件を表示

ガストン・バシュラールの作品

ツイートする