純粋な自然の贈与

著者 :
  • せりか書房
3.45
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796701983

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 難しかった。理解度2割くらい。 - 贈り物を贈るとき、「もの」と一緒に「贈与の霊」が移動する。それは、本来は世界を自由に移動・循環し続けるものであり、その力が人と人を結びつけている。それとは逆に、売買(交換)は分離の力をはらんでいる。

    クリスマスのこの時期にマッチした議題だった。

    贈与し合う相手がいないときは、どうしたらいいのだろう?
    売買が気持ちよく感じるのは、それを擬似的な贈与とみなして「結びつけられたような」気持ちになるからかも知れない。

  • 2006.11 半分くらいまで。未読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中沢新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。
著書に『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『大阪アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)『哲学の東北』(斎藤緑雨賞)など多数ある。

「2018年 『精霊の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中沢新一の作品

ツイートする