酒呑童子の首

著者 :
  • せりか書房
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796702041

作品紹介・あらすじ

鬼や妖怪とはなにか。また彼らの棲む異界とはどこか。天皇の支配する都(王土)を外からおびやかす大江山の酒呑童子を典型とする反権力の存在に光をあてながら中世民衆の想像力がつむぎだす闇の世界のイメージを説話・お伽草子・絵巻のなかに探った著者の最新評論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書いてあること全てが興味深かった。

  • 室町時代は御伽草紙全盛期だ。
    その中でも小栗判官と照手姫の奇譚や、
    室町時代後期(戦国初期だが)北条氏綱が作らせた酒呑童子絵巻は有名どころ。

    鬼(外部)と権力については酒呑童子を、
    貴種流離譚と生死往還については小栗判官や地下世界(鼠)
    その他様々なテーマを妖怪や御伽草紙で語る。

  • ずっと読んでみたいなーと思ってる本。
    でも値段が…orz
    そのうち絶対買いますw

全3件中 1 - 3件を表示

小松和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする