ハイデガーとマクルーハン―技術とメディアへの問い

著者 :
  • せりか書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796702928

作品紹介・あらすじ

現代メディア論の教祖マクルーハンが『グーテンベルクの銀河系』に残した「ハイデガーは電子時代の波乗り遊戯を楽しむ」という奇妙な言葉。この文章を手がかりにしてハイデガーとマクルーハンの技術論・メディア論に分け入り、両者の近さと遠さを明らかにする。また、難解で知られたハイデガー『技術への問い』の全文の逐次解釈によってハイデガー哲学の内実を再確認し、情報社会と呼ばれる現代社会の本質を改めて問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メディアはメッセージである。
    あらゆる技術、すなわち人間の能力の拡張が新しい環境を作る。
    インターネットがグローバルな規模で普及した現代では全体構造の把握など至難の業であろう。

全1件中 1 - 1件を表示

合庭惇の作品

ハイデガーとマクルーハン―技術とメディアへの問いを本棚に登録しているひと

ツイートする