瓦礫の天使たち―ベンヤミンから“映画”の見果てぬ夢へ

著者 :
  • せりか書房
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796702966

作品紹介・あらすじ

ベンヤミンやゴダールの時季はずれの思考に触発され、チャップリンやキートンらと共に無声映画の都市空間を闊歩する。視覚文化の「破局」の只中で"見る"ことの意味を問う、反時代的映像論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  映画論の視点からベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」を読み解くとともに、その視点から、おもにこの論文が書かれる前に作られた、すなわちベンヤミンの議論が呼応しえた映画を読み解き、その起爆力を引き出そうという論文集。「複製技術時代の芸術作品」の読解に充てられた最初の章は非常に示唆的。また、ベンヤミンの「アレゴリー」概念をドゥルーズの「機械」の概念と接続させているのも、映画における物質的なものの叛乱を浮き彫りにするために生産的と言えよう。チャップリン論もなかなか魅力的。ただ、扱われる映画にしても、理論的言説にしても、アメリカのものにやや偏っているのがやや惜しまれる。もう少しドイツやソヴィエト・ロシアの映画への言及があってもよかったのでは。そう言えば、ラングの『死刑執行人もまた死す』のなかでも、観客は無声映画を見ながらひそひそ話し合い、ナチに抗する陰謀に立ち上がっていた。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1955年生まれ。桃山学院大学社会学部助教授。専攻は映画を中心とする20世紀視覚文化論。著書に『映像/言説の文化社会学』(岩波書店)、共編訳書に『アンチ・スペクタクル』(東京大学出版会)、共著に『情報社会の文化2 イメージのなかの社会』(東京大学出版会)、論文に、「ポスト占領期黒澤明論」(「思想」第980号、2005年12月、岩波書店)など。

中村秀之の作品

ツイートする