〈広告制作者〉の歴史社会学 近代日本における個人と組織をめぐる揺らぎ

著者 : 加島卓
  • せりか書房 (2018年1月10日発売)
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796703307

作品紹介・あらすじ

芸術家でも企業人でもない"広告制作者"。その曖昧な職業理念の歴史を濱田増治、今泉武治、亀倉雄策、横尾忠則らを例にして精緻に分析。広告やデザインの歴史であると同時に、いかにして広告制作が専門的な知識や職業になったのかを明らかにしたメディアの社会学。

〈広告制作者〉の歴史社会学 近代日本における個人と組織をめぐる揺らぎの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • -

  •  
    ── 加島 卓《〈広告制作者〉の歴史社会学 近代日本における個人と
    組織をめぐる揺らぎ 201403‥ せりか書房》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4796703306
     
    …… 歴史的に言えば、亀倉だって模倣をしていた。
    http://d.hatena.ne.jp/oxyfunk/20150730
     グラフィックデザインと模倣の歴史的な関係:亀倉 雄策と佐野 研二郎
     
     コピー ~ 具象の模倣はパクリで、抽象の模倣はトレスである ~
     
     エンブレム酷似疑惑に、デザイナー佐野 研二郎氏の“反論”を予想。
    …… 当社は共同作業が原則で、スタッフのラフプランに手を加えた。
    当該アシスタントは非正規雇用だったので、数日後に退職したらしい。
    彼(または彼女)の住所や勤務先は、個人情報なので公表できない。
     
    https://twitter.com/awalibrary/status/628248429701955584
     
    (20150804)
     

全2件中 1 - 2件を表示

加島卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
都築 響一
國分 功一郎
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

〈広告制作者〉の歴史社会学 近代日本における個人と組織をめぐる揺らぎはこんな本です

ツイートする