ラカン「レトゥルディ」読解―“大意”と“評釈”

著者 :
  • せりか書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796703468

作品紹介・あらすじ

「レトゥルディ」は、ラカンが『エクリ』以降に執筆したもっとも長い、まとまりのある、唯一の論文である。難解をもってなるテキストの原文を掲げ、平易な日本語に翻訳し、詳しく解説した本書は、ラカンの精神分析の理論と実践の現場におもむき、その生きた息吹に接する必読の案内書である。

佐々木孝次の作品

ツイートする
×