Xーmen:ゼロトレランス 6 (マーヴルスーパーコミックス)

  • 小学館プロダクション
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784796840392

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ガンビットのエネルギーチャージ能力で、どうやって南極で生き抜けというのか…。
    「生きるも死ぬも自由」…いやそれ限りなく死寄り…!

    何かあの裁判の様子や結果に、とてもモヤッとしたものを感じてしまうのだが、これが日本と欧米の感覚の違いなのだろうか。
    悪いことが重なって、ガンビットに限らず、チーム全体に亀裂が入っている状態だから、みんな心に余裕がないっていうのもあるとは思うが…。
    「愛する事は相手に正直になる事」とはどういう意味だったのか、ローグ。
    もっと早くに罪を告白してくれていれば、という事か?
    仮にガンビットが自分から罪を告白していたとして、ローグがそれを受け入れたかどうか疑問だ。
    何せ最終的に「どうでもいい」と言ってガンビットを放逐した人間である。
    ガンビットのごく正直な心情の結果が、自分の殻に閉じこもるような行動そのものだったのではないのだろうか。
    罪を知られたら嫌われると思い怯えてたのも、そういうことではないのか?
    私は「愛は赦し」だって聞いたことがあるのだが、ローグの行動のどこに赦しがあったのか、愛どこにあったのか?
    自分の受けた痛みと不幸に、嘆いているだけにしか見えない。
    まあ、これは私がガンビット贔屓だからってだけの話に過ぎないのかもしれないが。

    内容には「えぇ?!」というところが盛りだくさんだったが、ガンビットがたくさん出ていたし、表紙の鎖につながれた絵もかっこよかったので、その辺りはとても満足。
    情け無いシーンばっかりだったが、やっぱりケイジャンはかっこいい。

全1件中 1 - 1件を表示

小学館プロダクションの作品

ツイートする