バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

制作 : 秋友克也 
  • 小学館集英社プロダクション
4.28
  • (36)
  • (35)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 239
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796870658

作品紹介・あらすじ

最悪の一日が、幕を開ける-。アーカム精神病院からゴッサム最凶の犯罪王ジョーカーが消えた。脱獄に成功したジョーカーは、ゴッサム市警本部長ゴードンを拉致し、フリークスの集まる遊園地で、ある実験を試みる…。絶望的な状況下において、人はどこまで正気でいられるのか?そしてジョーカーを狂気に駆り立てる「過去」とは?アメコミ界の異端児アラン・ムーアが、ジョーカー誕生の秘密を暴く!!全編再カラーリングに加え、特典としてブライアン・ボランドのカバーギャラリー、隠れた名作『罪なき市民』を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 狂気も哀しみも期待外れ。

  • 誕生日に妹の友人からプレゼントとして頂きました!バットマンシリーズが大好きな私が喜ぶの喜ばないの、まあ喜びましたよ!内容はご覧の通り、皆大好きジョーカーさん。アメコミってキャラありきの作家さんの解釈によるパラレルワールドですが、このジョーカーが行う精神的陵辱の仕方が倫理観としても非常に欧米的で、馴染みのない私達には一瞬分かりにくいかもしれませんが、考えれば考える程するめの様に凄く酷いコトをしてたと後から気付かされます。ソレがまた妙に凄い。酷い事は全てダイレクトとは限らないですね。ジョーカーそのものも、此方のジョーカーは何処かしら人間味があるので、同情を誘います。

  • 世の中は不条理であり、そんな中で正気を保っているお前らの方が狂っている、というジョーカーの考え。確かにそうなのかもしれないけど、だからこそゴードンのように、目の前に不条理を突き付けられても正気を保つ「普通の人間」は凄いのだと思った

  • 読みやすいし、バットマンもかっこいい。ジョーカーの狂気も、わりと解釈しやすく描かれていると思う。そして、カラーリングの美しさ…

  • 映画を見てから買いました。初のアメコミです。

    でもでも私は初回読み終わっても「へぇ~」くらいでした。なんででしょうか。私の読み方が浅いからでしょうか。
    アメコミは漫画(ここでは日本のモノ)と比べると1ページ1ページが重いです。1コマ1コマに重要なキーワードが隠されています。漫画に慣れている日本人には少し読みにくいのではないでしょうか。

    また、今までバットマンを読んでいなかった私たちは普段のバットマンのお話を知りません。現地の人にとってはずっと水戸黄門のような話が続いてきた中でこの「タクシードライバー」みたいな話がドーンと現れたので凄いとなったのではないでしょうか。

    ようはアメコミに慣れてない私たちには少し難しいと思います。
    でも最後に解説がついていたのでなるほどなと少し理解できました。

  • ジョーカーと友達になりたかったバットマン。

  • アラン・ムーアによるバットマンの傑作短編。

    本書はムーアにとっては片手間で書いたような代物らしいが、
    読者の正気と狂気の境目を揺るがす強烈な作品である。

    バットマン「普通の人間はそう簡単に壊れたりしない」
    ジョーカー「そうさ、おめえも狂っちまったんだよ、皆 と 同 じ に な ぁ !」

    本書は、狂気こそが社会の主流であり、正気を保っているものこそ本当は少数なのでは?という問いかけをしている。この本を読み終わった後は、自分に問いかけてみて欲しい。「自分はどっちだろうか?」

  • えり*ジョーカーの表情がめちゃくちゃ好きです。バットマンとジョーカーの奇妙な絆めいたつながりがとてもいい。

  • アラン・ムーア原作であるが分かりやすく、エンターテインメントに徹している。イメージが連鎖するトリックなどもやり過ぎない感じ。ビジュアルはかなり良い。物語をドライブさせる原動力はジョーカーの過去となるのだろうが、人間味が出過ぎることでジョーカーというキャラの魅力が減少しているのが残念。ただ、第二時世界大戦の継起となったのが電柱の数で揉めたから、レーダーに映ったカモメによって核ミサイルが発射されそうになったとか、現実世界はジョークに満ちているという物語中の小ネタは個人的には好き。

  • 1回目では狂気の渦巻くジョークを理解できませんでしたorz
    勉強不足。。

全13件中 1 - 10件を表示

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)のその他の作品

アラン・ムーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アラン・ムーア
マーク・ミラー
有効な右矢印 無効な右矢印

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)を本棚に登録しているひと

ツイートする