バットマン:ラーズ・アル・グールの復活

制作 : トニー・S・ダニエル  ドン・クレイマー  フレディ・E・ウィリアムズII  ジェイソン・ピアソン  ライアン・ベンジャミン  デイビッド・バルデオン  デイビッド・ロペス  高木亮 
  • 小学館集英社プロダクション
3.36
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796871082

作品紹介・あらすじ

これは『バットマン・アンド・サン』から『バットマン:ブラックグローブ』へと続く過程における"もう一つの父子の物語"でもある。ラーズ・アル・グール、バットマン、ダミアン…彼ら3人をつなぐ親子の系譜、さらにバットマンの養子であるナイトウィングとロビン。各人の立場によって何層にも重ねられた父子の絆と葛藤が描かれたドラマの結末はいかに!?黄泉の国から舞い戻った宿敵ラーズ・アル・グールは、新たな若い肉体を必要としており、バットマンの息子ダミアンに狙いを定める。精神寄生体と化したラーズを阻止することはできるのか…。三代目ロビン(ティム・ドレイク)をはじめ、初代ロビンだったナイトウィング(ディック・グレイソン)や暗殺者集団"7人の死の使徒"を率いる老師センセイ、ラーズの忠実な下僕ホワイトゴースト、謎の戦士イーチンなど様々なキャラクターが登場する本書は、2007年12月号から2008年2月号にかけて行われたイベントをまとめた作品群である。著名な作家陣が紡ぎ出した珠玉の物語を堪能あれ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バットマン・ファミリーのクロスオーバーイベントというお祭り感がキモ。のわりに、各誌についての解説はかなりあっさり目でそこは不満。

  • 「バットマン・アンド・サン」を読んで「なんか中途半端に終わっちゃったな」と感じた部分がとりあえず収拾がついたという感じ。前回はダミアンが中心でしたが、この作品はティムが中心な気もする(特に後半)。ダミアンがやってきたことで焦りや悲しみに追い詰められるティムを見ているととてもつらい。すこしでも早く幸せになって欲しいと思いますが…。

全2件中 1 - 2件を表示

グラント・モリソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフ・ジョーン...
チャック・ディク...
ブライアン・アザ...
マーク・ミラー
グラント・モリソ...
リー・ベルメホ
グラント・モリソ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする