デッドプール:スーサイド・キングス (MARVEL)

制作 : カルロ・バルベリー  ショーン・クリスタル 
  • 小学館集英社プロダクション
3.96
  • (4)
  • (16)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796875202

作品紹介・あらすじ

デップー第二弾! スパイダーマン、デアデビル、パニッシャーらもゲスト出演! 濡れ衣を着せられたデッドプール。汚名返上できるのか!? ヒット作『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』より前のエピソードを描いたミニシリーズ。スパイダーマン、デアデビル、パニッシャーらもゲスト出演!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当時のムードか悪ノリメタは控え目だがパニッシャーのバカバカしい登場は傑作。C.バルベリーの硬質な線、M.グラシアの宝石のようなカラーリングが気持ちいい。併載作は話も画も喜劇的すぎて却ってシリアス世界の異物デップーの面白さが削がれた印象。

  • 迷惑な犯罪者たちに嵌められるデッドプールと周囲のヒーロー…といった感じの一冊。通常シリーズに比べお祭り騒ぎ的なノリが目立ち、とても陽気に読める一冊に仕上がっている。デアデビル、パニッシャー、スパイダーマンと豊富なゲストがいるだけでも楽しいのだが、パニッシャーの扱いがなんとも彼単独のシリーズでは決して見られない姿なので楽しい。
    デッドプールらしい狂気は抑え目でヒーロー性の高いシナリオ展開なので初めての人も入りやすいかも。アート的にも時折入るデッドプールの幻覚目線の演出が楽しいので、とりあえずデッドプールが読みたいならおすすめしたい。

  • Sucide Kings ★★★☆☆
    Game$ of Death ★★☆☆☆

  • 相変わらずのデップーちゃん。グロは前回と変わらず、でもパニッシャー、デアデビル、スパイディも出てるので楽しい。でもやっぱり相変わらずのデップー

  • 日本での活躍の幅を広げているデッドプールさん(CV:子安武人)。
    『マークウィズアマウス』に比べるとストーリーがシンプルで読みやすかった。スパイダーマン、デアデビルと「赤い三連星」やるあたりおおっと思いました。

    にしてもアメコミは、複数の作品に触れて、「キャラクター情報の共有」が出来てくると、俄然魅力がましてきますな(『DW:A』に出てきたレッキングクルーが出てきて嬉しかった!)。やはり日本の漫画とはまた違った楽しみ方が必要な模様。

  • 色々興味出てきたところだったので、タイミング良く翻訳版が出たこれを手にしてみたよ。
    初めてのアメコミ。

    なんかまだ肌に馴染まない感じで、上っ面しか読めてない感があるけど、楽しかった。

    興味が向いてる今のうちに他のもの何か読んでみたいなー。

  • デップーとスパイディってこんなに気が合うんだ!!とびっくり。勝手に賭けに使われたデップーはパニッシャーに命を狙われる羽目に。あいかわらずの血みどろアクションです。
    デップーの妄想によるパニッシャーのコスプレがやたらかっこよかった。
    デップーのおしゃべりがキュートで楽しい!!スパイディと組めばデアデビルも頭を抱えるうるささです。
    二つ目のデスゲームのお話、不勉強なのでネタを理解できなかった……www

全9件中 1 - 9件を表示

マイク・ベンソンの作品

ツイートする