• Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797212051

作品紹介・あらすじ

第一線で活躍する法律家等が結集し、日本と世界の双方の視座から、今後の日本社会の進むべき道を提示。国内外の法的議論を広範にとらえ、また、法律の枠を越え、医学者・社会学者の論稿も掲載。広く時代の要請に応える待望の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆内容
     医療と法に関する重要問題を取り上げて、医事法学の進化と成果の社会還元で
     適切な医療を確保することを目的として刊行されている医事法講座シリーズの
     第5巻で、生殖医療と医事法をテーマとしている。国内外の生殖医療の重要事項
     に焦点を当て、生殖医療と医事法の問題を多角的に論じている。

    ◆東邦執筆者
     片桐由起子(東邦大学医学部産科婦人科学講座 准教授)
      3 日本における挙児希望年齢の高齢化をめぐる生殖補助医療の実際 p.57-71

    ◆東邦所蔵(M8.12 : I : 5)
     https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/BB00275681

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

早稲田大学法学学術院教授

「2018年 『児童福祉と司法の間の子の福祉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩志和一郎の作品

【医事法講座 第5巻】 生殖医療と医事法を本棚に登録しているひと

ツイートする