作品紹介・あらすじ

◆今、最も重要なテーマの1つである〈精神科医療〉をめぐる法制度の現状と課題を検討 ― 第一線の執筆陣が、国内外の状況を広範に考察した、法律、医学関係者必読の書◆
  
第一線で活躍する法律家・医師等が結集し、日本のみならずワールドワイドな視点から、今後の日本社会の進むべき道を提示する好評シリーズ。本第10巻は国内外の精神科医療に関する法制度の現状と課題、またその将来展望を検討。執筆陣に、法律家のみならず、医療関係者も加わった充実の書。

著者プロフィール

早稲田大学大学院法務研究科教授

「2020年 『医事法研究 第2号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甲斐克則の作品

精神科医療と医事法 (医事法講座第10巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×