法と経済学―新しい知的テリトリー (法学の泉)

著者 :
  • 信山社出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797216196

作品紹介・あらすじ

法と経済学の考え方は理論のみにとどまらず立法にまで影響を与えた。わが国でも法学の講義や法律実務の中で外部性や効率性などの用語が当たり前のように使われる時代が来ることを予感させる。法律を扱うということは、その裏面では意識されないかも知れないが、法律の隠れた論理である経済学の原理に触れざるを得ないのである。

著者プロフィール

1951年生まれ
1980年 九州大学大学院法学研究科修了
1982年 大分大学経済学部助教授
1985年 北海道大学法学部助教授
1988~90年 イェール大学ロー・スクール客員研究員
1991年 北海道大学法学部教授
現在 北海道大学大学院法学研究科特任教授

主 著
『《法と経済学》の法理論』北海道大学図書刊行会,1996年
『法と経済学――新しい知的テリトリー(法学の泉)』信山社,1997年


「2015年 『≪法と文学≫の法理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林田清明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×