会社持分支配権濫用の法理―多数派社員の誠実義務理論

著者 :
  • 信山社出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797221701

作品紹介・あらすじ

資本会社における少数派社員の保護の問題、なかんずく、小規模閉鎖的な株式会社および有限会社における少数派社員の利益を、多数派社員による持分支配権の濫用から如何に保護すべきかは、現代会社法の当面する課題の一つと言われており、それは、著者が会社法の研究を始めたときから、関心を持ち続けてきたテーマでもあった。その解決法の一つとして、本書は、アメリカやドイツの判例・学説上展開されてきたいわゆる誠実義務の理論に着目し、同理論の日本法への導入を試みた。

潘阿憲の作品

会社持分支配権濫用の法理―多数派社員の誠実義務理論を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×