• Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797222241

作品紹介・あらすじ

「労働法学は、『特殊的考慮』を加えるべき場面は多々あるが、同時に現行法体系の下において市民法理論の成果を駆使」すべきと年来主張し研究を重ねてきた中嶋士元也教授に、東京大学労働判例研究会の後輩研究者が献呈した還暦記念論集。第一線研究者が労働法と社会保障法の授業像を展望して執筆した力作がそろった最高水準の論集である。労働法研究者・実務家必見・必備の書。

和田肇の作品

労働関係法の現代的展開―中嶋士元也先生還暦記念論集を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×