【プロセス講義】 民法1 総則 (プロセス講義シリーズ)

  • 信山社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797226522

作品紹介・あらすじ

◆好評シリーズの〈民法総則〉が登場!叙述の3段階化を実現することによって、民法を無理なく理解◆
 
プロセス講義民法シリーズでは、①趣旨説明、②基本説明、③展開説明という叙述の3段階化を実現することによって叙述を立体化させ、この順序で読み進めることで、読者は民法全体につき筋道をたどった無理のない理解をすることができる。本巻は総則を対象とする。意思無能力制度,時効制度をはじめとする平成29年民法(債権法)改正に対応する。また,ニーズが高まりつつある成年後見制度も丁寧に解説される。

著者プロフィール

大中 有信(同志社大学法科大学院教授)

「2019年 『ユーリカ民法1 民法入門・総則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大中有信の作品

【プロセス講義】 民法1 総則 (プロセス講義シリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×