しなやかな著作権制度に向けて―コンテンツと著作権法の役割

制作 : 田中 辰雄  前田 健  上野 達弘  潮海 久雄  張 睿暎  渕 麻依子  今村 哲也  横山 久芳  澤田 悠紀  藤本 由香里  小島 立  白田 秀彰  寺本 振透  島並 良  中山 信弘  中山 信弘  金子 敏哉  金子 敏哉  押切 蓮介 
  • 信山社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (738ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797232349

作品紹介・あらすじ

第一線の執筆陣が一堂に集った、今後の著作権法の議論に必読の書。著作権法学に関する充実の考察のみならず、経済学、漫画文化論からの検討など、広範な視座から、コンテンツの創作・流通・利用主体をめぐる実態の把握・理論的考察を行う。今後の著作権制度の役割とあり方について、研究から実務、学習まで、幅広く有用の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/12/07 初観測

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

田中辰雄(たなか たつお) 1957年、東京都に生まれる。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。国際大学グローバルコミュニケーションセンター研究員、コロンビア大学客員研究員を経て、現在、慶應義塾大学経済学部准教授。専攻は計量経済学。主要著作・論文『ゲーム産業の経済分析』(共編著・東洋経済新報社、2003年)、『モジュール化の終焉』(NTT出版、2007年)、『著作権保護期間』(共編著、勁草書房、2008年)ほか。

「2016年 『ネット炎上の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中辰雄の作品

しなやかな著作権制度に向けて―コンテンツと著作権法の役割を本棚に登録しているひと

ツイートする