親密圏における暴力 ― 被害者支援と法 (学術選書149)

著者 :
  • 信山社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797267495

作品紹介・あらすじ

身近な者からの愛情、信頼が裏切られる時、法はいかにあるべきか。かつて例外的事象として周縁に位置付けられてきた、「信頼を期待しうる関係性を持つ人々」からの性暴力やDVは、社会に蔓延する深刻な問題となっている。離婚裁判等の法廷・司法上の問題点や法曹教育、また、被害者支援制度の実践と課題を検討し、最後に被害者の「支援を受ける権利」の構想を試みる。法社会学や家族法学、ジェンダー法学など幅広く有用の書。

著者プロフィール

現職:京都女子大学法学部准教授
専攻領域:法社会学、家族法、ジェンダーと法
1959 年10 月 京都市生まれ
1983 年 京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学研究科修士課程入学。
1985 年 京都大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)。
1988 年 京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
1990 年 安田女子短期大学講師を経て、2011 年より現職。

「2016年 『親密圏における暴力 被害者支援と法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手嶋昭子の作品

親密圏における暴力 ― 被害者支援と法 (学術選書149)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×