先住民族と国際法―剥奪の歴史から権利の承認へ

著者 :
  • 信山社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797268287

作品紹介・あらすじ

国際法学における先住民族の権利承認の到達点を明らかにし、その権利の展開を、国際法の視座から堅実かつ精緻な検討を行う。【目次】〔第1部〕「先住民族の権利に関する国連宣言」の意義と課題/〔第2部〕人権条約に基づく先住民族の権利の位相/〔第3部〕国際人権法上の先住民族の権利の国際法の他分野への影響

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 329.21A/O73s//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小坂田 裕子(中京大学法学部)

「2018年 『国際法入門〔第2版〕 逆から学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小坂田裕子の作品

先住民族と国際法―剥奪の歴史から権利の承認へを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする