暗号技術入門-秘密の国のアリス

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.65
  • (32)
  • (20)
  • (73)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 290
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797322972

作品紹介・あらすじ

現代の暗号って、こうなっていたのか。公開鍵暗号、RSA、デジタル署名、PKI、PGP、SSL/TLS、乱数…たくさんの図とやさしい文章で、現代の暗号技術を解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかりやすい。とにかく説明が丁寧です。ぼくはこれで情報セキュリティ合格しました。
    IT系技術者なら絶対に読むべきです。自分のバイブルと言っていいくらいお気に入りの一冊です。

  • とてもわかりやすく暗号について書かれている。 特に暗号化の方式は1ページまるまる使った図で説明されていてイメージしやすい。
    いまは第3版まで出ているようなので、最新のものを買ったほうがいいかもしれない。(暗号化アルゴリズムの危殆化などあるので…)

  • 暗号の簡単な歴史と現在使われている公開鍵暗号に至る過程に生まれた暗号システムの数々の解説と現在のインターネットで使われ、安全を保証するためのメッセージ認証・署名への適用などを例を交えて分かりやすく解説している。初学者にお薦め。

  • とてもわかりやすく暗号技術の基礎の考え方を学べた。

  • 後継(新版)が出てますね。ブクログでもそっちのほうが評価が高いので、そちらを読みましょう。個人的にはこの本もよかったですけど。

  • 結城先生の暗号技術の解説本。
    ネットワークとかセキュリティの技術書を読む前にこの本を読むべき。というか全てのIT企業は新入社員に読ませよう。必読です。こんだけ分かりやすく暗号を教えてくれる本がこの世にあっただなんて・・・。人生無駄にしましたよ。
    「暗号解読」も面白かったけど、実用の面ではこっちが圧勝。(「暗号解読」は実用を目的とした本じゃないので、面白さでは「暗号解読」の勝ちです。)
    読む順番としては「本書」⇒「暗号解読」⇒「各種参考書」という順番が良いかと思います。
    しかし文章読本書かれているだけあって、技術書なのに説明文や論理構成(というか説明手順)に破綻がひとつも無い。著者は化け物か?

  • 非常に分かりやすい良書。
    基本情報技術者試験を受ける人から、情報セキュリティスペシャリスト試験を受ける人まで、幅広く使えると思います。

    アルゴリズムを丁寧に説明にしているのに数式をほとんど使っていないところが分かりやすさの秘訣かなぁと思いました。

  • 暗号のアルゴリズムを数学知識がなくても、平易な表現で説明している。手前のなぜなにに答えて説明してるので、導入としてのエピソードは受け入れやすいが、数式を使わざるを得ない項目があるので、エッセンスだけ掴もうとするなら、飛ばしつつ読むといい。

  • 丁寧に読めばちゃんと理解できる。

    著者が頭を使って書いてるのが伝わってくる良心的な本。

    暗号に興味がある人はこれから入るとよいです。

  • 仕事で使いそうなので必要なところだけ再読。新版を買いなおす必要あるかな?

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

結城浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Joel Spo...
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

暗号技術入門-秘密の国のアリスを本棚に登録しているひと

ツイートする