増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.92
  • (109)
  • (105)
  • (128)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 1408
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797327038

作品紹介・あらすじ

GoFの『デザインパターン』で紹介された23個のパターンを、オブジェクト指向の初心者にもわかるようにやさしく解説。すべてのパターンについて、Javaのサンプルプログラムを掲載。「デザインパターンQ&A」を新たに加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • android開発にて日常的にjavaを使うことが増えてきたこともあり、新卒1年目以来にこの本を読んだ。当時は本の3割くらいしか頭に入ってこなかったものの、今だと「あーなるほど」と思える。というか「このパターン考えた人、頭いいなー(当然)」とか思う。

    必ずしもこれらのパターンを利用しなくとも

    プログラム(というかアーキテクチャ)がどうあるべきかが理解できるようになるので、必読と言われる理由が良くわかる。



    一日1時間くらい使って10日くらいで読み終えた。

  • オブジェクト指向プログラミングの定石であるデザインパターンについて解説した本です。丁寧に解説しており分かりやすかったです。ただある程度、場数を踏まないと上手く実装に落とし込めない印象。精進します。

  • いい設計とかプログラミングって何だろうか、
    と考えた時にやはりこういうのに行きつくところはあるのかなという気がまた最近してきた。

  • 今更と言われるかもしれないがようやくabstractとinterfaceが腑に落ちた。。

  • メチャメチャ役に立った。

    抽象化、多態性、委譲(コンポジション)を使って再利用可能で読みやすいプログラミングのイメージがようやくわいて来た。

    こーゆーデザインパターンを知らずに手続き型言語的にコーディングしていたらオブジェクト指向の良いところが生かせない。

  •  内容は分かりやすいが、それを実践に適用する難しさを感じた。プログラミング習いたての人がやるには時期尚早。

  • オブジェクト指向におけるGoFのデザインパターンを説明した本。
    それなりによくまとまっている気はするが、「このパターンで解決されるのは何か?」が明確に記載されていない為、「ふ~ん」ぐらいで終わっちゃう気がする。
    より深く学ぶためにはもっと高度な本を読まないとたぶん駄目なんだろうな。
    23パターンを読んで、「何だ当たり前ジャン」と思うものが多かったのは、デザインパターンを学ぶタイミングが遅かったからなのだろうか。
    Chain of Responsibility, Observer, Memento, Bridge, Interpreter は面白かったけど、
    Iterator, Adapter, Templete Method, Prototype, Strategy なんて常識だと思うし、
    Singleton, Builder, Abstract Factory, Composite, Visitor, Facade, Mediator, State, Flyweight, Command なんてそれなりに経験積んだ人なら自分で思いつきそうなもんだし、
    Factory Method, Decorator, Proxy なんてようは Delegate でしょ??
    体系立てて整理した事に意味があるのかもしらんが。

  • Javaでデザインパターンを紹介しており、結構タメになった。デザインパターンはどの言語でも応用出来るので、プログラマ1年目に呼んでおいて損はなし。ただ分厚いので途中挫折する可能性もあるかと。そんな時は一旦積読にしても良いかなと。

  • 原著の日本語版は翻訳の評判があまり良く無いので、こちらを読んだ後に英語版原著に当たりますかね

  • 各パターンがどういう場面で用いられるかが、もう少し詳しく書かれていれば、初読時の読みやすさ、入ってきやすさは向上しそう。個人的には、オブジェクト指向なプログラムを書く経験を積んでから読み直すと、初読時より理解しやすかった。我流で書いてたコードについて、こうすればよかったのか ! と気付かされる感じ。

全77件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門のその他の作品

結城浩の作品

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門を本棚に登録しているひと

ツイートする