プログラマの数学

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.56
  • (40)
  • (66)
  • (134)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1030
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797329735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2進数から始まり、論理、再帰、組み合わせ、指数爆発と、プログラミングに深い関わりがある数学的な話題のいくつかがまとめられている。かなり基本的な内容から説明されており、数学があまり得意でない学生でも楽しんで読めるのではないだろうか。一方、数学やプログラミングをしっかり勉強した人には、話の内容はおもしろくても、やはり分量としては物足りないと思う。

    プログラミングを学び始めた時にこの本に出会いたかった…。

  • 大学で文系を専攻し、プログラマになってしまった人にお勧めしたい本。
    プログラミングやコンピュータに関わる数学に関して、平易に解説してくれる。
    対象読者に求められる敷居は非常に低く、四則演算と累乗が理解できてさえれば、容易に読み進めることが出来る。
    プログラマになったのはいいけど、数学が苦手という人は是非、読むべき良書。

  • 数学ガールが面白かったのでこちらも購入。

    タイトルからは小難しい内容なのかと思ってたけど、
    難易度的には意外に簡単なところからスタートしているので、
    中学ぐらいの数学力があれば入っていける。
    さすがに終盤は難しくなってくるが、図解や生徒との対話形式の解説等を読み返せばこの本一冊でちゃんと分かるようになっていると思う。
    個人的には頭も動かせて、テンポも良くてとても楽しめた。

    この本を読めば、情報処理の入門としてプログラムが
    「なんでそうなってるのか」
    「なんでそうやってるのか」
    なんてことが少しはわかってくるはず。

    数学をプログラムに活かすための大事な考え方。
    ・大きな問題を小さい問題にして解く。
    ・周期や法則を見つけ出して利用する。
    ・コンピュータに不得意な内容を理解する。
    ・解けない問題があることも理解する。
    といった事は、プログラマとして日常的に必要になってくる。

    「とりあえずプログラマ」になりましたって人や、
    「プログラムしてるけど、魔法の言葉多すぎる」って困ってる人
    に読んでもらいたいな。
    不思議じゃなくて合理的で素敵な世界だし、
    周期や再帰なんかも日常に溢れてるものだから。
    思考の整理にも役に立つと思う。

  • 分かりやすく面白く、そしてえもかった。
    数学に対して少しだけ親近感を持つことができたような気がします。

  • 難しいのは、「計算不可能な問題」の章で、その他の章は比較的すいすいと読むことができた。

  • プログラムに用いるであろう数学についての基礎知識.
    多少簡単すぎるかな・・・

  • プログラミングをしていく中で登場する、普段当たり前に使っているループやif文を数学的に、そして一般化して説明していた。

    読む人によっては、この処理はそのように考えればいいのか!といった発見があるかもしれない。

  • 久々のこの手の本読みました。それこそ新人から5年目くらいの人に読んで欲しいかな。という本です。プログラムを作成すると、アルゴリズムやデザインパターンというものを勉強することになりますが(勉強しないでプログラマやっている人はある意味すごい)、それらの技術のや思考の根幹となっている数学を解説しています。
    私はプログラマですが、文系出身です。まあ、数学は苦手ではなかったのですが、どうも理科が苦手で。コンピュータが黎明のころは、文系出身のプログラマというのがゴロゴロいました。文系の人でもアレルギーなく理解できる数学。そんな内容です。

  • 時間がなく、読み終われなかった・・・

  • 「大きい問題を小さい問題に。」本書でよく出てくるフレーズですが、本書でも実践されていてとてもわかりやすかったです。取り扱っている問題の中に問題文を見て難しそうだと思うよなものがいくつかありましたが、初めに言ったように問題を小さくしていって噛み砕いて説明してくれている本書はとてもよかったです。

全75件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

結城浩の作品

ツイートする