プログラマの数学

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.56
  • (40)
  • (66)
  • (134)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1030
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797329735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数学の基本を学ぶことでプログラミングのセンスを養う本です。

    数学的な手法は、現実世界の問題を解決するためにも応用できます。
    例えば、ものごとを、別の次元(世界)に変換して変換した次元で物事を解決して、元の世界に戻したり。
    いろんなことに応用は出来そうですが、出来るかどうかはその人しだいというところでしょうか。

  • メモ
    『ゼロは「何もない」ものが「ある」ことを明確に表したものです。』
    なるほど、こうすることでルールが作りやすくなるんだな。

    問題を解くとは、苦手なことを克服するための知恵を駆使すること。
    『問題の規模を縮小し、複雑さを軽減し、「あとは機械的に繰り返せば解ける」という状態に持ち込もうとします。
     その状態に持ち込めさえすれば、強力な次の走者―コンピュータ―にバトンを渡すことができるからです。』

  • 積読

  • まだ読んでいない。数学へのリベンジのため購入。

  • Javaでいつもお世話になってる結城浩さんの技術書。

    特に数学に特化して、ロジック周りの勉強には最適!

  • 基本情報処理試験のサブテキストとして、購入したが、試験のことを考えずに読んでもためになる。
    数学が苦手な者にとっては、難しすぎず、「次の一冊を」という気分にさせてくれる一冊。

  • 私は中学生向け数学で止まってるんで(苦笑)基本をちゃんとしないとなって思ってました。図書館で借りてきちゃった。

  • はじめてプログラミングする人に読んでもらいたい一冊。
    規則性・法則性などを見つけるのに役立つはず。
    アルゴリズムやデータ構造などを勉強する前に読めば、
    理解度も変わってくるはず。

  • これからプログラムを始めたい方も、極めた方も楽しく読める本。

全75件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

結城浩の作品

ツイートする