プログラマの数学

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.56
  • (40)
  • (66)
  • (134)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1030
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797329735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 説明はわかりやすいが、その内容が知っているものばっかりだった。

  • 出来る小学生なら、これくらいのレベルの書籍を読んでもきっと面白くて仕方がないだろう。数Ⅰくらいまでの内容から、プログラムに使える要素(2進法、論理演算、パリティ、帰納法、順列、再帰、計算不可能問題)を解説。
    昔で言う情報処理2種、今だと基本情報技術者くらいの話。

  • 数学的な考え方を日常や仕事に意識的に応用して、その世界を捉えられないかと思う。そうなれば世界がより系統立って見えておもしろく見えると思う。

  • すっかり中学、高校数学を忘れていたので、それを思い出せたという点ではよかったが、ワクワクおもしろい数学本かと言われると、個人的にはそうではなかったと感じている。

  • プログラミングをするときに無意識にやっていることを
    改めて整理してもらった感じがする。
    すごく簡単にさくさく読める。

    簡単すぎて物足りないような気もしつつ
    たまに普段忘れがちなヒントが転がっているので、
    整理して頭の片隅においておくとひらめきが生まれそう。
    こういう知識、なんとなく分かった気にはなれるのだけれど、
    本番で応用できるかが勝負なんだよなあ、とか。
    文系あがりとしては、再帰の章は読むことをおすすめします。

  • プログラミングをしていく中で登場する、普段当たり前に使っているループやif文を数学的に、そして一般化して説明していた。

    読む人によっては、この処理はそのように考えればいいのか!といった発見があるかもしれない。

  • 久々のこの手の本読みました。それこそ新人から5年目くらいの人に読んで欲しいかな。という本です。プログラムを作成すると、アルゴリズムやデザインパターンというものを勉強することになりますが(勉強しないでプログラマやっている人はある意味すごい)、それらの技術のや思考の根幹となっている数学を解説しています。
    私はプログラマですが、文系出身です。まあ、数学は苦手ではなかったのですが、どうも理科が苦手で。コンピュータが黎明のころは、文系出身のプログラマというのがゴロゴロいました。文系の人でもアレルギーなく理解できる数学。そんな内容です。

  • 簡単だったので新しい知識をあんまり得ることはなかった.
    初心者向け

  • 数学の基本的な概念をプログラムと結びつけて説明している。

    明日すぐに役立つというわけではないけど、数学の素養の無くプログラムしている自分にとっては、とっかかりとしてよかった。論理とか、再帰とか、高校の時は聞き流してた内容も今読むと興味をもてる。

    つまづきそうな読者をフォローする気配りが随所にあり、そこにとても好感を持った。

  • 数学ガールを積んでるのを横目に読み始めた。
    実際やっていることを数学に当てはめてラベルつけてく感じ。
    これで毎回手探りしなくてすむかな?
    ひとまず2章まで読んだところで返却期限。
    ゆっくり読もう。

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

結城浩の作品

ツイートする