ファンタージエン 反逆の天使

制作 : 遠山 明子 
  • ソフトバンククリエイティブ
3.43
  • (2)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797329872

作品紹介・あらすじ

ナディルの背筋に寒気が走った。ここにシランドルの秘密が隠されている。この緑の石に刻まれているのだ。7つの名前と7つの記号。そしてそれらを囲む文字「シランドリル」。この言葉はいったい何を意味するのだろう?だれもがあこがれる音の町。浮かれ騒ぐうちにむしばまれていく記憶…。蝶乗りの少年が陰謀の解明に動き出す!ミヒャエル・エンデの世界的ベストセラー『はてしない物語』から20余年。ドイツの人気作家ヴォルフラム・フライシュハウアーが紡ぐファンタージエンの新たなる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    ナディルの背筋に寒気が走った。ここにシランドルの秘密が隠されている。この緑の石に刻まれているのだ。7つの名前と7つの記号。そしてそれらを囲む文字「シランドリル」。この言葉はいったい何を意味するのだろう?だれもがあこがれる音の町。浮かれ騒ぐうちにむしばまれていく記憶…。蝶乗りの少年が陰謀の解明に動き出す!ミヒャエル・エンデの世界的ベストセラー『はてしない物語』から20余年。ドイツの人気作家ヴォルフラム・フライシュハウアーが紡ぐファンタージエンの新たなる物語。

    【感想】

  • エンデの「はてしない物語」へのオマージュの一冊。この「ファンタージエン」シリーズは今回で一区切りらしい。
    色んな作家が参加しているので、全部が面白いとは限らないシリーズでした。


    今作は、表紙の絵が嫌です。そして、蝶乗りのナディル。やめてよ・・・
    ≪妖精の瞳≫と名付けられた蝶に乗るんです。苦悶蜂に襲われるのです。はぁ・・いやな設定です。
    話の展開は、まあ面白いかなあ。

    ≪全きもの≫なんて言葉に、ちょっとニヤリとしますね。

  • エンデの果てしない物語が好きな方におすすめ。
    こちらのお話もやっぱりファンタージエンがピンチです。
    蝶乗りが空をとぶシーンが素敵。

    少し難しい語彙が使われているなあと感じました。
    小学生高学年あたりの年齢から読めると思います。

  • 他の作品に比べると、途中までは良かったのですが・・・

  • ファンタージエンにも《天使》っていたんだね。

  • え、シリーズこれでおわっちゃうの!?
    とあとがきを読んで軽いショックを受けました。
    始まったからには終わりがある。それは当然の摂理なんだけど。果てしない物語から始まって、ファンタージエンという果てのない世界を描いた物語。もう終わってしまうのかという寂しさを隠せません。
    しかし今までの展開とは変わって、人の子でもファンタージエンの存在でもない第三者というのは斬新でした。
    唯一神論が前提の話なんだな、なんて宗教的な視点も思わず頭をよぎったり(苦笑

  • エンデ「果てしない物語」をベースにしてるんだけど、ちょっとかけ離れすぎてない??? という印象。こういうエピソードもありなのかもしれないが、イマイチ何が言いたいのか分かりにくい。要は、「無」は「有」の源泉、て言うことだと思うんだけど。天使は必要あったかなぞ。

全8件中 1 - 8件を表示

ヴォルフラム・フライシュハウアーの作品

ツイートする