グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.29
  • (6)
  • (3)
  • (22)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797331363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • えらいタイトルをつけたもんですね

  • がんばっていることはよく伝わってきます。
    中小企業の社長さんとしては、満点だと思いました。

    特に、ライブドアの「法律」に対する積極的姿勢に疑問を持ったのはすごい。

    OKWEBという会社を作った社長さんの苦労談としては納得感がありました。
    本のタイトルは、社長の意思とは関係なく、出版社が決めたのでしょう。

    googleだって、最初は、今やっているようなことを目標にしていた分けではないのでしょうから、
    何を目指しても、かまわないと思います。

    10年後にどういう社会になっていたいので、それまでに何がしたいのかというあたりの社会に対する貢献の部分がよくみえませんでした。
    そのために、何を投入しようとしているのか。地道な、技術的な努力も必要なのでしょう。

  • この人すごーーいっ!と感心。
    こんなサービスがあるなんて知らなかったよ。
    ビジネス的にも上手い。ほんと上手い。
    で、本人は本気でグーグルを追い越すぐらいの決意でやってるとこに感心。
    ホームレスしながら、1歩1歩進んでいた根性(?)は、尊敬するね。

  • 著者の自叙伝であった。
    できはかなりよく、人となり、想い、熱意がひしひしと伝わってくる内容であった。
    不器用な人生だが、一途で頑固な情熱が今の成功を支えていることがよくわかった。
    今後も面白いことをしてくれそうな人であり、事業の成長を見てみたいと感じる本であった。

    2006.9.22

  • オーケーウェブは仕事で非常に役立っています。エクセルの使い方や契約書で分からないことは、大抵このサイトにQ&Aがある。 その仕組みを作った著者には今後是非グーグルを越える何かをまた作って欲しいと思います。

  • ホームレスから社長になった。
    ホームレス時代に、奥さんに仕送りしていたお金を、再起するとき、
    奥さんが貯めておいて渡してくれた、というエピソードがとても印象的で心温まるものです。

  • いつもお世話になってる教えてgooの大元のオーケィウェブ

    世界中の人が助け合えるビジネスモデルでこれからも

    この会社は伸びてきそうですね。

    本が面白いかどうかは別として・・・

  • 著者の熱い思いがこめられた1冊でした。ギリギリの生活からのサクセススト−リ−です。応援される成功者の共通項♪

  • 兼元社長とOKWaveの歴史本のような感じです。
    前々から興味深い方だと思っていたのですが、この本で大ファンになりました。
    挑戦することの意味について考えさせられました。

  • 「はてな」とどうちがうのかが分からなかった。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

兼元 謙任
OKWAVE.社代表取締役社長 CEO。
同社は日本最大のQ&Aソーシャルコミュニティの1つ。同社のビジョンはコミュニティを通じたユーザーの相互支援を促進することであり、有名人のQ&Aサブスプリクションサービスを運営し、日本で最大の市場シェアを有する企業向けカスタマーサポートソリューションを提供している。
OKWAVE.社は2006年6月に名古屋セントレックス市場(3808名古屋)に上場。愛知県立大学美術学部の学士号を取得。
[兼務]bread(スイス、チューリッヒのBreadwalletの提供者)理事/日本経済新聞社監査員/世界食糧計画協議会(JAWFP)

兼元謙任の作品

ツイートする