ケータイ業界30兆円の行方 キャリア再編のシナリオ

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797331769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年に書かれた携帯市場の動向と、今後想定されるシナリオが記載されている。当時、携帯端末ならびに、通信インフラ網は世界トップレベルの水準であったが、13年たった今となって考えてみると、ガラパゴスという言葉が最もふさわしく、独自進化とともに、最終的には世界の世界的な潮流にのれず、端末シェアの大半が海外勢でしめているという当時は想像もつかないような結果になっている。
    メーカーと端末を共同開発していた時代は去り、キャリアは、モバイルIPS事業者でしかなくなっており、さらなる価格競争に晒されていくだろう。

  • 若干偏った視点と言えなくもないが、タイムリーな話題について、かなり直近の最新情報まで網羅されている。綿密な取材の結果という感じである。短期間でまとめるのは大変だっただろうと思う。
    結局どうなっていくのかは分からないが、近く大きな変化があることは間違いないだろう。
    まだまだこの業界からは目が離せない。利用者本位というのとは少しずれたところで動いている様な気もするが。

  • 昔読んだ本

  •  携帯電話業界、現在はだいたい8.5兆円くらい。が、この本のタイトルは30兆円と随分と大きな数字になっている。しかしこの本には、携帯電話業界が30兆円規模にまだまだ成長すると言う夢のある話が書かれているわけでも無い。
     NTTドコモ、KDDI(au)、ボーダフォン、ウィルコムの既存キャリア。そして、イー・アクセス、ソフトバンクという新規参入のキャリア。まずは既存キャリアの現状について、NTTドコモのおさいふケータイ、auの着うたなどのサービスと3GとFMC(FixedMobileConvergence)、ボーダフォンの3Gの失敗とMVNO(MobileVirtualNetworkOperator)への取り組み、ウィルコムの通話定額制とW-SIMなどが紹介されている。新規参入キャリアのイー・アクセスについてはMVNOへの取り組みが紹介されているが、ソフトバンクは特にこれと言った未来は語られていない。新規参入キャリアについては、事業戦略上、詳細を明らかにしていないのだとは思われるが、個人的にはあまり期待が持てないなと言う印象を抱いた。期待できるのは既存キャリアに値下げ圧力をかけるくらいかな。
     実際に新規参入キャリアが事業を始めてみなければわからないことではあるが、本のタイトルから見て将来への夢や期待の持てる内容にはできなかったのだろうか(例えば、海外の例を持ち出すなど)、というのがこの本を読んでみての感想。

  • 2005年の各キャリアの動きが分かる本です。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

日経ホーム出版社に入社し、『日経TRENDY』の編集記者として活躍。2003年に独立し、ジャーナリストとしてケータイ業界を幅広く取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載し、メルマガ「スマホ業界新聞」をニコニコチャンネルで配信中。主な著書は『iPhone5で始まる! スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社)など。

石川温の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ベン・メズリック
トーマス・フリー...
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
デール カーネギ...
エリヤフ・ゴール...
ジェームズ アレ...
ジーン ゼラズニ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする